ニッケイ新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ニッケイ新聞(ニッケイしんぶん、ポルトガル語:Jornal do Nikkey, Jornal Nippak)は、日本語およびポルトガル語で発行されるブラジルの新聞。

概要[編集]

発行元はサンパウロ市に本社を置くニッケイ新聞社。日本語版は週5回の日刊紙であり、ポルトガル語版は土曜日発行の週刊紙である。「パウリスタ新聞」(1947年1月創立)と「日伯毎日新聞」(1949年1月創立)が、1998年に合併・改名して創立された。平均8ページ。公称発行部数(紙印刷版)は約1万部。PDF版もある。姉妹紙のJornal Nippakは週刊12ページのポルトガル語版。サンパウロ市の本社には日本語版編集部には20人弱、ポルトガル語版には約2人が勤務し、配送部門も含めた社員数は約60人。南米およびブラジル各地に通信員がいるほか、日本には東京支社(支社長:輿石信男)がある[1]

編集方針[編集]

  • ブラジル日系人社会の世論形成への寄与
  • ブラジルにおける日本人移民の歴史記事の掲載
  • 日本文化の継承および日本語教育への関与
  • 移民社会の変容に関する分析
  • 日本への出稼ぎ(Dekassegui)の分析
  • 日本への情報発信

を挙げている。

イベント事業[編集]

出版事業[編集]

  • 『移民の父上塚周平伝 荒野の人』(能美尾透、2007年:ニッケイ新聞社[2]
  • 『百年目の肖像―邦字紙が追った2008年』(2008年:ニッケイ新聞社)
  • 『ブラジル移民の創始者 水野龍』(テレーザ・ハツエ・デ・レゼンデ、2008年:ニッケイ新聞社、ポルトガル語版[3]
  • 『ブラジル人のためのニッポンの裏技―暮らしに役立つ日本語便利帳―』(O Jeitinho no Japao para os brasileiros、松田真希子著)、イラスト満載の指差し会話帳
  • 『日本人移住八十周年「アマゾン」』日本語版・ポルトガル語版(2012年:ニッケイ新聞社編)、[4]
  • 『ブラジル略語集【日ポ両語】』(ブラジル日本商工会議所発行、2013年:ニッケイ新聞社編)
  • 『一粒の麦 もし死なずば~ブラジル日本移民レジストロ地方入植100周年~』(深沢正雪著、2014年:ニッケイ新聞社編、無明舎)
  • 『Aliança – A Terra da Cooperação』(2014年)「共生の大地アリアンサ~ブラジルに協同の夢を求めた日本人」(木村快著、同時代社、2013)のポルトガル語版
  • 笠戸丸移民 未来へ継ぐ裔孫』(赤嶺園子著、2015年:沖縄タイムス社

海外日系新聞放送協会からの受賞歴[編集]

  • 第2回(平成13年度=2001年) 海外日系新聞協会賞 
    • 「20世紀の残像-戦後移住者船出の瞬間」(写真展、サンパウロ新聞東京支社、ニッケイ新聞東京支社)
  • 第3回(平成14年度=2002年) 海外日系新聞協会賞 
    • 「再浮上する日伯学園構想」(連載記事)
  • 第4回(平成15年度=2003年)特別賞 
    • ペルーからの報告『フジモリ待望論はあるか』(連載記事)
  • 第5回(平成16年度=2004年)キャンペーン・企画・連載部門賞
    • 「教科書-時代を映して変遷-」(連載記事)
  • 第6回(平成17年度=2005年)ニュース部門努力賞 
    • 「ブラジル日本文化協会役員選挙」(一連の関連報道)
  • 第7回(平成18年度=2006年)特別賞
    • 『海を渡ったサムライたち --邦字紙記者が見たブラジル日系社会――』(単行本)
  • 第9回(平成20年度=2008年)大賞 
    • 「日伯友好の礎 大武和三郎 ~辞書編纂と数奇な生涯~」

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]