バスク人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バスク人
Euskaldunak
Basque people.png
総人口
約270万人[1](海外居住バスク人が約1500万人[2]
居住地域
Flag of the Basque Country.svgバスク地方 2,589,000人
  スペイン側(スペイン・バスク 2,304,000人
     Flag of the Basque Country.svg バスク自治州[3] 2,123,000人
          アラバ県 279,000人
          ビスカヤ県 1,160,000人
          ギプスコア県 684,000人
     Flag of Navarre.svg ナバラ州[4] 560,000人
  フランス側(フランス領バスク[5] 285,000人
          ラブール 225,000人
          バス=ナヴァール 40,000人
          スール 20,000人
     スペインの旗 スペイン(上記地域以外) 4,000,000人
     フランスの旗 フランス(上記地域以外) 1,000,000人
チリの旗 チリ

160万人-450万人[6][7] [8] [9]

[10]
アルゼンチンの旗 アルゼンチン 310万人[11] [12]
キューバの旗 キューバ 150万人[要出典]
ブラジルの旗 ブラジル 800,000人 - 1,500,000人[要出典]
メキシコの旗 メキシコ 1,000,000人[要出典]
コロンビアの旗 コロンビア 60,000人[13]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 57,000人[要出典]
ウルグアイの旗 ウルグアイ 35,000人[要出典]
コスタリカの旗 コスタリカ 9,800人[14]
ベネズエラの旗 ベネズエラ 5,500人[15]
言語

[要出典]

バスク語モノリンガル - 少数
スペイン語モノリンガル - 1,525,000人
フランス語モノリンガル - 150,000人
バスク語・スペイン語バイリンガル - 600,000人
バスク語・フランス語バイリンガル - 76,000人
その他の母語

宗教
ローマ・カトリック無神論不可知論
関連する民族
イベリア人バスク系チリ人バスク系アルゼンチン人スペイン人フランス人

バスク人(バスクじん、スペイン語: vascos, バスク語: euskaldunak)とは、ビスケー湾岸でピレネー山脈西端部にある、伝統的にバスク地方として知られる地域に元来居住している系統不明の民族。文脈によって、以下のどちらかを指す。

  1. バスク地方生まれかバスク地方在住であり、非バスク人であると自己定義していない人物。例えば、バスク人ではなくガリシア人フランス人と自己定義している人物はバスク人とはみなされない。
  2. 非バスク地方生まれだが、バスク語を話すことができるか、バスク民族であると自己定義している人物。

バスク語ではEuskaldunak(エウスカルドゥナック, 「バスク語を話す人」)、スペイン語ではVasco(バスコ)、フランス語英語ではBasque(バスク)、ガスコーニュ語ポルトガル語ではBasco(バスコ)と表記される。

古代ローマ時代にバスク人は自治を許され、中世から近世にはバスク人の王(イニゴ・アリスタ)の末裔達がイベリアの並み居る王家を継承するなど権勢を誇った。バスク人は中世より漁師として大西洋タラ漁や捕鯨に繰り出し、大航海時代には多数の航海者やコンキスタドールを輩出し、南北アメリカ大陸に多くの移民を送り出した。

説明[編集]

スペインの北東からフランス南西部のピレネー山脈周辺にかけて居住する。現在最も有力な仮説とされているのは、イベリア半島における現生人類の第一居住民とされるイベリア人イベリア語)集団がローマ化されないままに現在のバスク地方に残り、彼らの話していた言語が語彙的に周辺のオック語カスティーリャ語などの影響を受けたのではないかという説である。

バスク人の文化は孤立しているとする先入観を持たれることが多いが[16]彼らの文化が孤立しているというイメージは、近代以降に生産されたものではないかという指摘もある。たしかに言語や共同体のあり方はカスティーリャやカタルーニャとは異なっているが、外部から取り込まれた文化要素も少なくないと言われている。また、バスク民族運動や「独立したバスク文化」という意識は、フランス革命以後にその影響を受けて発生し、カルリスタ戦争を経て本格化したものである。ただし、フランス革命においてフランス領土内に住む国民は全てフランス人であるという思想に基づき、一時フランス側ではバスク人固有の文化や言語が否定された。反発して民族運動に転じたバスク人も多い一方で、フランス人に溶け込んだバスク人も多い。[要出典]

スペインのバスク人居住地域は同国で最も所得水準の高い地域でもあるが、フランコ政権の弾圧に抵抗していた歴史からスペイン内戦で多くのバスク人民族分離主義者が共和国側につき、中でも急進的な組織である「バスク祖国と自由(ETA)」は数々のテロ事件を起こし、かねてからスペインとその周辺、関係国の政治問題となっている。

特徴[編集]

遺伝学的特徴[編集]

バスク人のY染色体はハプログループR1bが9割の高頻度を占める[17]。ハプログループR1bは印欧語族到達以前にヨーロッパ西部に移住した集団の遺伝子と考えられている。またバスク人は表現型で最大35%、遺伝型で60%がRh-型の血液である[18]

形質人類学的特徴[編集]

人類学的には、バスク人は「鼻の長い中頭、額はこめかみの部分が広く下あごに向かって狭くなる(少し長めの逆二等辺三角形)」とされる[16]

著名なバスク人[編集]

ヨーロッパ[編集]

スペイン[編集]

フランス[編集]

アメリカ大陸[編集]

ベネズエラ[編集]

アルゼンチン[編集]

チリ[編集]

アメリカ合衆国[編集]

  • ベニー・ユキーデ : 格闘家、アクション俳優、米国人
  • フアン・カルロス・ペレス : ミュージシャン。バスク語で歌うロック・バンド Itoiz で活動。

メキシコ[編集]

スポーツ[編集]

バスク州ビルバオに本拠地を置くサッカークラブのアスレティック・ビルバオは、独自に規定した「バスク人」のみが在籍できるという方針を100年以上にわたって維持している[22][23]。バスク州を拠点としていた自転車競技チームのエウスカルテル・エウスカディは、原則として契約する選手をバスク人に限定するという方針を持っていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ナバラ住民を含む
  2. ^ スペイン(230万人)、フランス(260万人)、南米(800万人)など。
  3. ^ This assumes that all residents in the Basque Autonomous Community are of Basque ethnicity, a large percentage is not.
  4. ^ This assumes that all residents in Navarre are of Basque ethnicity, more than half aren't
  5. ^ This assumes that all residents in those French provinces are of Basque ethnicity, a large percentage is not.
  6. ^ Diariovasco.
  7. ^ entrevista al Presidente de la Cámara vasca.
  8. ^ vascos Ainara Madariaga: Autora del estudio "Imaginarios vascos desde Chile La construcción de imaginarios vascos en Chile durante el siglo XX".
  9. ^ Basques au Chili.
  10. ^ Contacto Interlingüístico e intercultural en el mundo hispano.instituto valenciano de lenguas y culturas.Universitat de València Cita: " Un 20% de la población chilena tiene su origen en el País Vasco".
  11. ^ http://www.euskonews.com/0252zbk/kosmo25202.html
  12. ^ http://www.juandegaray.org.ar/fvajg/docs/La_inmigracion_vasca_en_la_Argentina
  13. ^ "Vascos en Colombia"
  14. ^ Ethnic groups - Costa Rica
  15. ^ Ethnic groups - Venezuela
  16. ^ a b 渡部哲郎『バスクとバスク人』平凡社, 2004年, pp.30-31
  17. ^ Adams S, King T, Bosch E, Jobling M (2006). "The case of the unreliable SNP: recurrent back-mutation of Y-chromosomal marker P25 through gene conversion". Forensic Sci. Int. 159 (1): 14–20. doi:10.1016/j.forsciint.2005.06.003. PMID 16026953
  18. ^ Touinssi, Mhammed; Chiaroni, Jacques; Degioanni, Anna; De Micco, Philippe; Dutour, Olivier; Bauduer, Frédéric (2004). “Distribution of rhesus blood group system in the French basques: a reappraisal using the allele-specific primers PCR method”. Human Heredity 58 (2): 69–72. doi:10.1159/000083027. PMID 15711086. 
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 萩尾生・吉田浩美『現代バスクを知るための50章』明石書店, 2012年, p.110-112(世界史の中の『バスク人』)
  20. ^ a b 渡部哲郎『バスクとバスク人』平凡社, 2004年, pp.78-80
  21. ^ ザックの後任と噂のアギーレ氏の人物像とは? “最悪監督”の悪評、TV局との黒い噂も フットボールチャンネル, 2014年4月3日
  22. ^ 小宮良之. “限られた人材だけで強豪チームを作るクラブマネジメント術”. ビジネスジャーナル. 2014年6月25日閲覧。
  23. ^ Athletic Club”. FIFA.com. 2014年8月9日閲覧。

関連項目[編集]