フアン・ホセ・イバレチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フアン・ホセ・イバレチェ
Juan José Ibarretxe Markuartu
Juan Jose Ibarretxe en la campanna de las elecciones vascas de 2009.jpg
生年月日 (1957-03-15) 1957年3月15日(61歳)
出生地 スペインの旗 アラバ県ラウディオ/ジョディオ
出身校 バスク大学
所属政党 バスク民族主義党

在任期間 1999年1月2日 - 2009年5月7日
テンプレートを表示
スピーチを行うイバレチェ

フアン・ホセ・イバレチェJuan José Ibarretxe Markuartu, 1957年3月15日 - [1])は、スペインアラバ県ラウディオ/ジョディオ出身の政治家バスク民族主義党(PNV)に所属し、1999年から2009年までバスク州政府首相を務めた。

経歴[編集]

青年期と初期の政治経歴[編集]

アラバ県ラウディオ/ジョディオに生まれ、バスク大学で経済学の学位を取得した。1983年にバスク民族主義党(PNV)からバスク自治州議会議員に選出され、1986年から1990年、1991年から1994年にはバスク民族主義党の経済・予算委員会委員長を務めた。1995年1月4日、バスク自治州政府レンダカリ(政府首班)のホセ・アントニオ・アルダンサによって副首相に任命された。

レンダカリ[編集]

1998年3月28日にバスク民族主義党の党首候補となり、10月25日の選挙に勝利して党首に就任した。1999年1月2日にはバスク自治州政府レンダカリに就任した。2003年、バスク民族主義党は党首の名を冠したイバレチェ計画英語版(バスク地方のスペインからの独立を問う州民投票を行う計画)を発表し、バスク自治州議会にスペイン憲法改正を提案した。この改正法案は長期間の審議が行われ、バスク自治州議会の絶対多数で承認されたが、スペイン社会労働党(PSOE)と国民党(PP)(スペインの二大政党)は、スペイン国会に対して審議を容認せず、結局国会では否決されている。

私生活[編集]

イバレチェはカスティーリャ語圏で育ったが、流暢なバスク語英語を話す。熱心な自転車競技の愛好者で、ラウディオでサイクリングクラブを主宰している。ベゴニャ・アレギと結婚し、2人の子供がいる。敬虔でないローマ・カトリック教徒である。

脚注[編集]

  1. ^ IBARRETXE MARKUARTU Juan José International Who's Who. accessed September 1, 2006.

外部リンク[編集]

先代:
ホセ・アントニオ・アルダンサ
バスク自治州政府レンダカリ
1999年 - 2009年
次代:
パチ・ロペス