フランシスコ・フランコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフランコ第二姓(母方の)はバアモンデです。
フランシスコ・フランコ・バアモンデ
Francisco Franco Bahamonde
Francisco Franco and Carmen Polo.jpg
フランコとカルメン夫人(1968年)

任期 1936年10月1日1975年11月20日

スペインの旗 スペイン国
初代首相
任期 1938年1月30日1973年6月8日

出生 1892年12月4日
スペインの旗 スペイン王国
ラ・コルーニャ県 フェロル
死去 (1975-11-20) 1975年11月20日(82歳没)
スペインの旗 スペイン マドリード
政党 ファランヘ党
配偶者 カルメン・ポロスペイン語版
子女 マリア・デル・カルメンスペイン語版
署名 Francisco Franco Signature.svg

フランシスコ・フランコ・バアモンデFrancisco Franco BahamondeIPA : [fɾan'θisko 'fɾaŋko]1892年12月4日 - 1975年11月20日)は、スペイン軍人大元帥)、政治家スペイン内戦共和政を打倒し、カウディーリョ(総統)として以後30年以上にわたって独裁政権を敷いた。

生涯[編集]

軍人として[編集]

フランコは、スペイン北西部ガリシア地方の造船と海軍基地の町フェロルのフルトス・サアベドゥラー108番地で軍人の子として生まれた。彼は5人の兄弟の二男で、兄、妹二人、弟ラモンがいた。祖父と父は海軍主計准将までなっている[1]。フランコもバアモンデもスペインでは一般にユダヤ系の姓であり、フランコをユダヤ系と見なす向きもある[2]

出生時の洗礼名はフランシスコ・パウリーノ・エルメネヒルド・テオドゥロ・フランコ・バアモンデ・サルガード=アラウホ・イ・パルド・デ・ラマFrancisco Paulino Hermenegildo Teódulo Franco Bahamonde Salgado-Araujo y Pardo de Lama[3]。1907年8月15歳の時トレド陸軍士官学校に入学し、卒業は18歳で少尉となった。母を人生の師としていた。20歳の時、頑強な独立運動が展開されていたスペインの植民地モロッコに派遣され、この地で以後5年間、ベルベル人の独立を求める反乱(第三次リーフ戦争を参照)の鎮圧に当たった。フランコは現地のアフリカ人部隊を指揮して反乱軍と戦い、その功績で陸軍少佐に昇進した。帰国後は、サラゴサの陸軍士官学校の校長を務めた。

1931年、スペインではボルボン王朝が倒されて第二共和政が成立し、王族は国外へと追放された。フランコは、共和政府からラ・コルーニャとバレアレス諸島の軍政官に任じられ、その間に陸軍少将に昇進した。1934年10月、右翼の内閣が成立し、左翼政党がこれに抗議してゼネラル・ストライキを呼びかけると、フランコはアストゥリアス地方でゼネストに決起した鉱山労働者を武力で鎮圧した。この功績により翌1935年、陸軍参謀総長に任命された。

スペイン内戦[編集]

1936年2月の地方選挙で、左派勢力の連合した人民戦線内閣が誕生すると、右派として知られたフランコは参謀総長を解任され、カナリア諸島総督に左遷された。人民戦線政府は社会主義的理念に基づく改革を実行、教会財産を没収し、ブルジョワを弾圧した。これは農民や労働者層に支持されたが、地主や資本家、カトリック教会などの保守勢力や知識層とは対立した。

同年7月にスペイン領であったモロッコと本土で軍隊が反乱を起こすと、フランコは同地に飛んで反乱軍(ナショナリスト軍、フランコ軍、国民戦線軍とも)を指揮し、本土に侵攻した。保守勢力が反乱軍を支援したため、この反乱はスペインを二分する大規模な内戦に発展した。反乱軍の中心人物は当初ホセ・サンフルホスペイン語版英語版将軍やエミリオ・モラスペイン語版英語版将軍などであり、フランコは反乱側の一指揮官でしかなかった。緒戦で反乱軍は敗北を重ねるなど長期化の様相を見せ始めると、戦功のあるフランコと、戦前から人望が高かったモラが反乱側の人気を二分するようになる。その後モラが飛行機の墜落事故で死亡すると、フランコが反乱軍の指導者としての地位を固めた。

総統就任[編集]

1936年10月1日、ブルゴスにおいて反乱軍の総司令官に指名され、(一方的な)国家元首に就任した。その際フランコは、軍総司令官として大元帥(Generalísimo、総帥とも訳される。軍における最終階級は陸海空元帥英語版)、国家元首としてカウディーリョ・デ・エスパーニャ(Caudillo de España、以下総統)の称号を用いた。また、仮政府として「国家行政委員会」を設置、1938年1月30日にこれを改組して正式に内閣制度を導入、そのトップとなった。

スペイン統一[編集]

総統たるフランコの紋章

その後、フランコはドイツイタリアの支援を受けて、共和派勢力と戦った。反乱は陸軍主体で行なわれ、空・海軍の大部分は共和国側についたため、モロッコ軍を本土に送れず、ドイツの輸送機が活躍した。また日本はドイツとイタリアに次いでフランコ政権を承認した列強であり、フランコ政権が満州国を承認したのはその見返りであるとされている。

なお、フランコに対する人民戦線政府は内部に共和主義者共産主義者無政府主義者を抱えていたため、統一性に欠けた。フランスが人民戦線を支援するも国内の反発で即座に中止、また人民戦線はソ連や国際旅団(イギリスやアメリカなど各国の義勇兵)の支援を受けるも、独伊軍、そして政府からの強力な支援を受ける反乱軍に対する劣勢は覆せなかった。

1938年7月25日に始まった共和国軍の大攻勢「エブロ川の戦い英語版」が失敗に終わったことで、フランコの勝利が決定的になり、同年暮れからカタルーニャ地方に総攻撃を開始、翌1939年1月にはバルセロナが陥落、3月27日マドリードが陥落したことにより人民戦線政府は崩壊、31日にはスペイン全土を制圧、4月1日にフランコは内戦終結宣言を発した。これによりスペインの混乱は一応の終息を迎えたが、内戦によって軍民合わせて数十万人が死亡し、国土の荒廃も著しかった。フランコには同年8月8日に公布された「国家元首法」によって緊急立法権が付与され、強大な権限を持って国家の再建に取り組むこととなる。

第二次世界大戦[編集]

枢軸国寄りの「中立」[編集]

妻とともに地方視察を行うフランコ(1940年)
ハインリヒ・ヒムラーとともに(1940年)

内戦終結直前の1939年3月27日、フランコは日独伊防共協定に加入し、同年5月には国際連盟から脱退した[4]。一方、9月に第二次世界大戦が勃発すると、フランコは国家が内戦により荒廃したために国力が参戦に耐えられないと判断して中立を宣言した。しかし緒戦におけるドイツの勝利や優勢を見て、1940年6月10日イタリアの参戦直後に中立を放棄、非交戦を宣言した。これによって枢軸国側に近づき、情報提供、独伊艦船への補給などで便宜を図った。非交戦宣言より数日後には国際管理都市であったタンジールに侵攻、11月これをスペイン領モロッコの一部として併合した。並行してフランコは対英戦参戦の準備を行い、イギリス降伏直前の一週間にスペインが参戦することで、講和・戦後処理会議における発言権を確保しようと思考した。同時に独英休戦の仲介をすることで、ジブラルタルと北アフリカの領土要求をドイツに認めさせようとしたのだが、アドルフ・ヒトラーの反応は冷淡だった[5]

ドイツがフランス全土を占領し、連合軍がヨーロッパ大陸から追い出された直後の1940年10月、ヒトラーとアンダイエで会談し、その蜜月関係を世界中に対し誇示した。ヒトラーはスペインの領土要求に対し、仏領北アフリカの大幅割譲はできないとしながら、対英戦後の英国植民地処理で代償が与えられるので領土調整は可能と述べた。フランコはこの時ヒトラーが要求した英領ジブラルタル攻略作戦(フェリックス作戦)のための地上ルート提供や、独伊鋼鉄同盟参加と将来的な日独伊三国同盟への参加を約束し、条件として軍事・経済の「莫大な戦略物資」を要求しつつ、参戦の意思を宣誓した[6]。しかし、バトル・オブ・ブリテンや地中海戦線、特にギリシャ戦線でのイギリス有利な状況と、経済的な英米との依存関係はフランコの参戦意欲を減退させ、翌年に彼はこの合意を無効とし[7]、その後も参戦要求をのらりくらりとかわし続けた。

一方でヒトラーがバルバロッサ作戦を発動すると、国中の熱狂的なファシスト1万人近くを集めて青師団を創設し、ドイツ国防軍の義勇部隊として東部戦線に送り込んでいる(国内には、ドイツ・イタリアに共感する参戦推進派も存在し、それはフランコから見れば中立政策や国内の安定を危うくしかねない不穏分子とも言えた。その為、両国の好感を得、かつそうした反動分子を一掃する方法として、青の師団創設・派遣は一石二鳥であった[8])。さらに内戦の経緯もあって、ソ連を仇敵と見なす国内世論とこれまでの自身の言動を無視できない面や内戦期におけるドイツ援助への返礼的意味合いもあった。

1941年12月真珠湾攻撃に際して日本に祝電を送り、アメリカの不興を買った[9]。一方で旧植民地で権益が存在したフィリピンに日本軍が侵攻すると、同地に残る利権の扱いを巡り、両国間で軋轢が生まれた[10]

連合国への傾斜[編集]

1943年頃よりヨーロッパおよびアフリカ戦線において完全に連合国が優勢になると、再び中立を固持するという日和見な姿勢に終始した。1944年頃になると、青師団について連合国側各国から避難が集まったためフランコは撤兵を約束、国内に対して反対する者は厳罰に処する、と声明した。さらに太平洋戦線においても日本軍が完全に劣勢となった1945年に起きたマニラの戦いにおいては、在留スペイン人の損害問題を理由に日本と断交した[11]

フランコは第二次世界大戦を次のように見ていた。「世界では全く別の二つの戦争が戦われている。第一にヨーロッパではソ連に対する戦争であり、第二に太平洋では日本に対する戦争である」とし、独米英を含む「全キリスト教世界」は、野蛮で東洋的・共産主義的なロシアを共通の敵として戦うべきであるとした。彼はこの考えに沿って連合国とドイツの講和調停を行った[12]

サン・セバスティアンを視察するフランコ(1941年)

なお、この工作において「アジアにおけるヨーロッパの権益は完全に回復するべきものである」としており、非キリスト教国である日本の要求は考慮に入れていなかった[13]。また、枢軸国の劣勢が明らかとなった1943年7月28日、アメリカに和平調停を申し出たが、その際には駐スペインアメリカ大使カールトン・J・H・ヘイズ英語版に対して「彼ら(日本人)は基本的に蛮族である。彼らは最悪の帝国主義者であり、中国および極東全域の支配をもくろんでいる。フィリピンに独立を保証するという彼らの最近の約束は全く信頼できない。スペインは日本に何らのシンパシーを抱いておらず、もし軍事的に弱体でなければ太平洋戦争において喜んでアメリカと協力したいところである」と述べている[14]。しかし、連合国もドイツもスペインの調停には耳を貸さなかった[15][16]

結果としてスペインは、大戦中は「中立国」として振る舞うことにより、自国及び植民地の戦禍を免れたが、その風見鶏的な態度は連合国、特にアメリカに不信感を植え付けることとなった[17]

独裁者フランコ[編集]

フランコ政権は、彼が内戦中に組織したファランヘ党の一党独裁の政権であり、その成立時からドイツとイタリアの支援を受け、軍と国家憲兵隊による厳しい支配を行った。そのため、大戦後に成立した国際連合は、1946年12月の国連総会で、ファシズムの影響下にあるスペインを国連から排除する決議を採択した。

しかし、戦後の東西冷戦の激化により、イギリスやアメリカをはじめとする西側諸国は反共主義という政治的共通点と、地中海の入り口という地政学的・戦略的に重要な位置にあり、さらにイギリス領ジブラルタルの地位を尊重しているという理由で、スペインとの関係の修復を模索し始めた。

アメリカアイゼンハワー大統領とともに(1959年)

1953年9月、アメリカはスペインと米西防衛協定英語版スペイン語版を締結した。この協定によるアメリカの軍事援助と、国際的孤立から抜け出したことによる観光収入の増大で、国際収支は黒字に転じ、遅れていた主要産業も発展し始めた。こうして、スペイン史上初めて中産階級と呼べる層が出現した。フランコは、中産階級をバックに高まる自由主義運動を厳しく抑圧する一方、メキシコスイスなどからの亡命者の帰国を認めるなど(1958年)、アメとムチを使い分けた政策をとった。

また、1959年12月には、アメリカのドワイト・D・アイゼンハワー大統領と会見する。戦中は「中立国の指導者」という立場ながら、枢軸国が劣勢になる1944年ころまでは一貫して親ドイツの立場を保っていたフランコと、そのドイツを敵に連合軍の最高司令官として戦っていたアイゼンハワーの会見は、序盤こそぎこちなかったものの、お互い軍人出身という出自や、上記のようなアメリカ側の事情もあり、最終的には2人とも打ち解け、別れの際には抱擁をかわした程だった。これにより、両国の関係は飛躍的に改善される。

その後、独裁を続けるフランコを支援することに対する国内世論からの批判を受けたアメリカなどの意向に配慮して、任命制の議員の一部を選挙制に切り替えるなど(1966年)、冷戦の影響をうけて左右に揺れ動く国内の社会不安の緩和に努めた。しかし、カタルーニャやバスク地方における独立意識を削ぐために、公の場(家の中以外のすべての場所)でのカタルーニャ語バスク語の使用を禁止するなど、一部では強硬な姿勢を取っており、この様なフランコの姿勢に対してバスク祖国と自由(ETA)によるテロなどが活発化した。

なお、フランコは独裁者には珍しく比較的寛大な性格で、部下の進言や諫言にもよく耳を傾けて容れることが多く、彼らを処罰や粛清することはあまりなかった。

後継者指名と王政の復活[編集]

フランコは政権のあり方について、最終的には王制に移行するべきだと考えていた。これは、フランコ政権が「個人的独裁制」なので、フランコ没後、政権の枠組みをそのままの形で継承することはあり得ないからである。議会制民主主義はこの当時のスペインでは失敗を続けてきたので採用はできず、王制が最良だとしたのである[18]。ただし、新たな王家を迎えるのかボルボーン王朝による王政復古とするのかはフランコも決めかねていた。かつてスペインを治めていたアブスブルゴ家などへの接触もあったといわれる。

1947年に、フランコは「王位継承法」を制定し、スペインを「王国」とすること、フランコが国家元首として王国の「終身摂政」となること、後継の国王の指名権が付与されることなどを定めた。王位継承法は7月16日の国民投票で成立し、彼は終身元首の地位を得た。

70歳を越え健康状態が悪化すると、フランコの後継者問題が表面化した。フランコの支持基盤であった陸軍内部には王の帰還を求める声も強く、前国王アルフォンソ13世の息子で、イタリアへ亡命しているフアン・デ・ボルボン・イ・バッテンベルグ(バルセロナ伯爵)を呼び戻し次期国王とするのが自然であったが、フランコは「考え方が容共的すぎる」としてこれを避けた。さらに一部にはフランコの娘マリアに自らの地位を継がせ、腹心のルイス・カレーロ・ブランコをその下につけるという意見もあったが[要出典]、王制移行を希望する彼により否定された上、1973年にカレーロ・ブランコがETAによるテロで乗っていた自動車ごと爆殺された英語版ため、この計画は頓挫した。

最終的にフランコは、1969年にアルフォンソ13世の孫であるフアン・カルロスを自らの後継者に指名し、将来の国王としての教育を受けさせる一方、その後自らは公の場に出ることを差し控えるようになった。1975年、長い闘病生活の末にに83歳で没した。

フランコ没後のスペイン[編集]

王政復古と民主化[編集]

戦没者の谷にあるフランコの墓

1975年にフランコが死ぬと、彼の遺言どおりにスペインにボルボン王朝が復活した。国王に即位したフアン・カルロス1世は、彼のもとで帝王学の教育を受けていたこともあり、そのまま独裁政治を受け継ぐかと思われたが、一転して政治の民主化を推し進め、西欧型の自由主義国家への転換を図った。1977年には41年ぶりに総選挙が行われ、1978年に新憲法が承認されてスペインは立憲君主制国家として再建された。

歴史の記憶法[編集]

サンタンデール市のフランコ像(2006年)

2007年10月31日、スペイン下院議会はスペイン内戦とフランコ政権下の犠牲者の名誉回復、公の場でのフランコ崇拝の禁止などを盛り込んだ「内乱と独裁期に迫害と暴力を受けた人々のための権利承認と措置を定めた法(La Ley por la que se reconocen y amplían derechos y se establecen medidas en favor de quienes padecieron persecución o violencia durante la Guerra Civil y la Dictadura)」、通称「歴史の記憶法スペイン語版」を与党社会労働党などの賛成多数で可決(Historical Memory Bill)。同年、上院でも可決成立した。

2008年10月より、「歴史の記憶法」に基づき、バルタザール・ガルソン英語版予審判事は内戦被害者調査に着手。10月には、スペイン内戦中とフランコ政権初期に、反乱軍によって住民が虐殺されるなどの人道に対する罪戦争犯罪が行われたとして、スペイン全土に1,400か所あると思われる犠牲者が埋められている集団墓地の発掘や関係者の訴追など、人道犯罪調査を行うと発表した。一方、ハビエル・サラゴサ検事局長は、1977年に制定された特赦法「移行協定」により恩赦が成立しているとして、フランコ政権下の犯罪はすべて免責されているとの立場を示し、対立が起きた。

10月17日、ガルソン判事は、内戦中及び独裁政権時代に住民の殺害や拉致を命じたとして、すでに死去しているフランコ以下35人の政権要人を、人道に対する罪等で起訴した[19]

11月6日、ガルソン判事の調査が終了し、全国25カ所の集団墓地からの犠牲者発掘を命じた。翌7日、サラゴサ検事は案件は全国管区裁判所の管轄外だとして異議申し立てを行い、これを受けて11月28日、全管裁刑事法廷は集団墓地からの遺体発掘命令を停止すると決定した。同法廷のペドラサ判事は異議申し立ての処理が終了するまでガルソン判事の発掘命令とフランコ裁判を中止すべきと要請、同法廷全体会議にかけられ、これが認められた[20]

アムネスティ・インターナショナルは、内戦中及びフランコ政権下で市民11万4千人が殺害若しくは行方不明になっているとして、スペイン政府に犠牲者のための真実を解明するよう求めている。

なお、スペインには数多くのフランコ像があったが、2008年12月、サンタンデールの広場にあった7メートルのブロンズ像(1964年建立)を最後に、本土からすべて撤去された[21]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川成洋「フェロール時代のフランシスコ・フランコ」/ 坂東省次・桑原真夫・湯浅武和編著『スペインのガルシアを知るための50章』明石書店 2012年 72-73ページ
  2. ^ P. Preston, Franco. A Biography, New York 1994, p.1.
  3. ^ Payne, Stanley G.; Palacios, Jesús (24 November 2014). Franco: A Personal and Political Biography. Madison: The University of Wisconsin Press. p. 263. ISBN 978-0-299-30210-8. https://books.google.es/books?id=rn6aBAAAQBAJ&pg=PA263. 
  4. ^ クレーブス(2000)、281p
  5. ^ クレーブス(2000)、282、283p
  6. ^ クレーブス(2000)、285-286p
  7. ^ クレーブス(2000)、287p
  8. ^ 『シリーズ20世紀の記憶』<第2次世界大戦・欧州戦線―1939-1945(毎日ムック―シリーズ20世紀の記憶)>毎日新聞社
  9. ^ クレーブス(2000)、288p
  10. ^ クレーブス(2001)、242p
  11. ^ クレーブス(2001)、258p
  12. ^ クレーブス(2001)、238p
  13. ^ クレーブス(2001)、246p
  14. ^ クレーブス(2001)、249p
  15. ^ クレーブス(2001)、246-247p
  16. ^ クレーブス(2001)、249-250p
  17. ^ クレーブス(2001)、258p
  18. ^ 色摩力夫『フランコ-スペイン現代史の迷路』中央公論新社、2000年
  19. ^ http://www.es.emb-japan.go.jp/japones/relaciones_resumen_200810.html
  20. ^ 2008年11月7日のニュース
  21. ^ 朝日新聞、2008年12月23日朝刊、東京版、11面。

参考文献[編集]

  • ゲルハルト・クレーブス著、田島信雄・井出直樹訳「<翻訳>第二次世界大戦下の日本=スペイン関係と諜報活動(1)(南博方先生古稀祝賀記念号)」、『成城法学』第63巻、成城大学、2000年、 279-320頁、 NAID 110000246510
  • ゲルハルト・クレーブス著、田島信雄・井出直樹訳「<翻訳>第二次世界大戦下の日本=スペイン関係と諜報活動(2・完)(庄政志先生古稀祝賀記念号)」、『成城法学』第64巻、成城大学、2001年、 237-268頁、 NAID 110000246520
  • 色摩力夫『フランコ スペイン現代史の迷路』 中央公論新社<中公叢書>、2000年

関連書籍[編集]

  • 『フランコと大日本帝国』フロレンティーノ・ロダオ、深澤安博ほか訳、晶文社、2012年[1]
  • 細田晴子『カストロとフランコ 冷戦期外交の舞台裏』 筑摩書房<ちくま新書>、2016年。カストロとの晩年の交流を外交史料を元に描いた。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

公職
先代:
マヌエル・アサーニャ
スペインの旗 国家元首総統
1939年 - 1975年
次代:
アレハンドロ・ロドリゲス・デ・バルカルセル英語版
摂政会議議長
先代:
フアン・ネグリン
スペインの旗 首相
1939年 - 1973年
次代:
ルイス・カレーロ・ブランコ