一党制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一党制(いっとうせい)とは、合法政党が一党しか存在せず、他の政党の存在が許されない政党制(政党システム)のことである。

概要[編集]

サルトーリ以前における一党制の概念[編集]

1970年代までの政治学者は、一つの政党が突出して大きい政党制をすべて一党制と呼び、独裁かそれに類するものとみなしていた。一部には、与党が連続して選挙で勝つ国は民主主義ではないと考える者もいた。

後述するサルトーリの政党システム類型の出現により、一党制を幅広くとらえる考え方は、政治学では受け入れられなくなった。しかし通俗的には一党制を広くとらえる用語法は根強く残っている。独裁と結びつく一党制を悪口として用い、様々な政敵にこの語を貼り付けようとする人が多いためである。

サルトーリによる一党制の概念[編集]

ジョヴァンニ・サルトーリの唱えた政党システム論は、一党制の拡張的用法を拒否し、厳格に一党だけのシステムにのみ適用する。一党制とは、一つの政党以外が存在を許されないシステムである。それは、一つ以上の政党があるヘゲモニー政党制や、制度的に競合が保障されている一党優位政党制と区別される。

実際の分類では、一党制とヘゲモニー政党制との境界は微妙な場合がある。憲法法律で一党制が規定されていれば、一党制と判断できる。有力野党が非合法化され、弾圧があっても、他の野党がわずかな議席を持っているならば、それは一党制ではなくヘゲモニー政党制である。しかし弾圧によって力のある野党が除去され、結果として議席のすべてを一党が占めている場合に、小政党が認められているのかどうかの判定は、概念的にも資料入手の点でも難しい。

サルトーリは、この一党制をさらに分類して、全体主義一党制、権威主義一党制、プラグマティック一党制に分けた。しかしこの用語法は普及していない。理由の一つは、全体主義概念の扱いにくさにある。

一党制の例[編集]

かつての一党制国家としては、ナチス・ドイツ国家社会主義ドイツ労働者党)、ソ連ソビエト連邦共産党)、モンゴルモンゴル人民革命党)、ムッソリーニ政権時代のイタリアファシスト党)、フランコ政権時代のスペインファランヘ党)、フセイン政権時代のイラクバアス党)、蒋介石政権下の台湾中国国民党)、等が代表的な例として上げられる。

又、現存する一党制の例としては、キューバキューバ共産党)、ベトナムベトナム共産党)、ラオスラオス人民革命党)等が上げられる。

中華人民共和国のように、複数の合法政党が存在するが実態としてはそのうちの特定の一政党が国家を支配しているような場合はサルトーリによれば一党制では無くヘゲモニー政党制に分類される[1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ 中華人民共和国の賈慶林中央政治局常務委員が2009年に人民日報に寄せた『中国の特色ある社会主義路線の上で、中国共産党の指導する多党協力と政治協商制度を不断に整備し、発展させる』によれば、「中国共産党の指導する多党協力政治協商制度は、西側の二大政党制多党制のような、一方が政権に就けばもう一方が下野する権力争奪型の政党関係とも、一党制のような権力独占型の政党関係とも異なり、民主的に協議し、互いの心の底まで打ち明けて親しく交わる、斬新な協力型の政党関係なのである」とされており、一党制では無く「中国共産党の指導する多党協力」だと主張されている(中国の政党制度と一党・多党制との4大相違点人民日報日本語版 2009年11月2日))