サンチョ3世 (ナバラ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンチョ3世ガルセス
Sancho III Garcés
ナバラ王
Don-sancho-el-mayor.-rizzi..jpg
在位 1004年 - 1035年
死去 1035年10月18日
配偶者 ムニア・エルビラ(ラ・マヨール)
子女 一覧参照
王家 ヒメノ家
王朝 ヒメノ朝
父親 ガルシア2世サンチョ
母親 ヒメナ・フェルナンデス
テンプレートを表示

サンチョ3世ガルセスSancho III Garcés, 10世紀以降 - 1035年10月18日)は、ヒメノ朝ナバラ王国の第6代国王(在位:1004年 - 1035年)。バスク人の民族的英雄である初代国王イニゴ・アリスタの末裔にあたる。

生涯[編集]

サンチョは992年頃にガルシア2世サンチョとセア伯フェルナンド・ベルムデスの娘であるヒメナ・フェルナンデスの間に生まれた。積極的な婚姻外交によってカスティーリャアラゴンレオンと北イベリアの多くのキリスト教国家を支配下に収め[1]、「イベリア王」を名乗ったことから「大王(el Mayor)」と称される。その死後、息子たちの領土分割で王国は急速に衰退した。

子女[編集]

カスティーリャ伯サンチョ・ガルシアの娘ムニア・エルビラ(ラ・マヨール、1067年没)と結婚した。 息子たちは以下のように父の所領を継ぐことになり[2]、結果としてバスク人王家がイベリアの諸貴族を従える格好になった。

幻となったガスコーニュ領有[編集]

古来よりバスク人が移入していたガスコーニュ公国サンチョ・ギレルモ公爵とは従兄弟同士であったので、南フランスにより大きな所領を持てた可能性があった。しかしこれは彼の死の際、レオン王国の服属を優先したために果たされなかった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b バード、p. 60
  2. ^ バード、p. 63

参考文献[編集]

  • レイチェル・バード 『ナバラ王国の歴史』 彩流社、1995年

関連項目[編集]

先代:
カスティーリャ伯
1029年 - 1035年
次代:
フェルナンド1世