フェルナンド1世 (カスティーリャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェルナンド1世
Fernando I
カスティーリャ王
レオン王
Ferdinand Leonsky.jpg
在位 1037年 - 1065年

出生 1017年
死去 1065年12月27日
Banner of arms kingdom of Leon.svg レオン王国レオン
埋葬 Banner of arms kingdom of Leon.svg レオン王国、サン・イシドロ・デ・レオン教会
配偶者 サンチャ・デ・レオン
子女 一覧参照
家名 ヒメノ家
王朝 ヒメノ朝
父親 ナバラ王サンチョ3世
母親 ムニア・エルビラ
テンプレートを表示

フェルナンド1世(Fernando I, 1017年 - 1065年12月27日)は、カスティーリャ伯(在位:1035年 - 1037年)、後に初代カスティーリャ王(在位:1037年 - 1065年)、およびレオン(在位:1037年 - 1065年)。1056年に「全ヒスパニア皇帝」として戴冠した。「大王」(El Magno)と呼ばれる。

父はナバラサンチョ3世(大王)、母はカスティーリャ伯サンチョ・ガルシアの娘ムニア・エルビラ。アラゴンラミロ1世は異母兄、ナバラ王ガルシア3世(5世)は同母兄、ソブラルベ伯ゴンサロは同母弟。

生涯[編集]

ナバラ王サンチョ3世の次男として生まれる。1035年に父が死去すると、遺領は4人の王子に分割相続され、フェルナンドはカスティーリャ伯領を獲得した。

1037年に妻サンチャの兄(または弟)で父にレオンを奪われたレオン王ベルムード3世は復権を狙ったが、フェルナンドは兄のナバラ王ガルシア3世から援助してもらい、タマロンの戦いでベルムード3世を討ち取りレオンを獲得、カスティーリャとレオンの王を称した。また、助けてもらったとはいえ兄とは衝突が絶えず、1054年のアタプエルカの戦いで両軍は決戦になり、ナバラ軍に勝利して兄を敗死させたフェルナンド1世はカスティーリャを優位に立たせた[1]

それからはレコンキスタを進めたが、領土を征服しても入植する人数が足りないため、征服より小さく分裂したイスラム教諸国(タイファ)を臣従させ、パリア(貢納金)を取って保護する方を重視した。また、カスティーリャとレオンの結びつきが弱いため、外に目を向けて国内の統合を図る意図も含まれていた。

この方針で1055年から遠征を始め、イベリア半島南西部にあるバダホス王国を攻撃、ドゥエロ川沿岸の町ラメゴ1057年)とヴィゼウ1058年)を奪い取りバダホスの臣従・パリア支払いも取り付けた。また、トレド王国1043年頃にパリア支払いを義務付けられていたが、滞納していたため周辺都市を侵略、1062年に改めて納付させた。サラゴサ王国セビリア王国にも同様にパリアと臣従で屈服させ、1063年には異母兄のアラゴン王ラミロ1世の攻撃を受けたサラゴサの救援に長男サンチョ(後のサンチョ2世)とエル・シッドを派遣、ラミロ1世を戦死させた。同年、セビリアから聖イシドロの遺骸をレオンに持ち帰らせている[2]

宗教政策にも取り組み、クリュニー修道院クリュニー会)から修道士派遣を要請、領土の司教区を整備させキリスト教の浸透を図り、クリュニー修道院へ多額の献金を送った。王室とクリュニー修道院のこの関係は次の世代にも受け継がれていくことになる[3]

1064年コインブラを包囲・陥落させ臣従と並行してレコンキスタも前進させた。翌1065年にバレンシアへの遠征途中に病気にかかり、レオンへ戻り間もなく没した[4]。死後、遺言によって遺領は分割され、カスティーリャを長男サンチョ2世が、レオンを次男アルフォンソ6世が、ガリシアを三男ガルシア2世が、トロとサモラを娘エルビラとウラカがそれぞれ相続した。

子女[編集]

1033年、レオン王アルフォンソ5世の娘サンチャと結婚し[5]、以下の子女をもうけた。

  • ウラカ(1033年/1034年 - 1101年) - サモラを相続
  • エルビラ(1038年/1039年 - 1101年) - トロを相続
  • サンチョ2世(1040年 - 1072年) - カスティーリャ王(1065年 - 1072年)
  • アルフォンソ6世(1040年/1041年 - 1109年) - レオン王(1065年 - 1109年)、カスティーリャ王(1072年 - 1109年)
  • ガルシア2世(1042年頃 - 1090年) - ガリシア王(1065年 - 1071年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ローマックス、P73 - P74、芝、P72、関、P146、西川、P81 - P84。
  2. ^ ローマックス、P74、P80、芝、P74 - P76、関、P149 - P150、西川、P85。
  3. ^ ローマックス、P78、芝、P80 - P81。
  4. ^ ローマックス、P74 - P76、芝、P76 - P77、関、P150、西川、P85 - P86。
  5. ^ Louda & Maclagan、P92。

参考文献[編集]

  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.
  • D.W.ローマックス著、林邦夫訳『レコンキスタ 中世スペインの国土回復運動刀水書房、1996年。
  • 芝修身『真説レコンキスタ <イスラームVSキリスト教>史観をこえて書肆心水、2007年。
  • 関哲行立石博高中塚次郎『世界歴史大系 スペイン史 1 -古代~中世-山川出版社、2008年。
  • 西川和子『スペイン レコンキスタ時代の王たち 中世800年の国盗り物語彩流社、2016年。

関連項目[編集]

先代:
ガルシア・サンチェス
カスティーリャ伯
1035年 - 1037年
次代:
カスティーリャ王を称す
先代:
カスティーリャ王
1037年 - 1065年
次代:
サンチョ2世
先代:
ベルムード3世
レオン王
1037年 - 1065年
次代:
アルフォンソ6世
ガルシア2世(ガリシア王)