フェルナンド1世 (カスティーリャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェルナンド1世
Fernando I
カスティーリャ王
Ferdinand Leonsky.jpg
在位 1037年 - 1065年
出生 1017年
死去 1065年
配偶者 サンチャ
子女 一覧参照
王家 ヒメノ家
王朝 ヒメノ朝
父親 ナバラ王サンチョ3世
母親 ムニア・エルビラ
テンプレートを表示

フェルナンド1世(Fernando I, 1017年 - 1065年)は、カスティーリャ伯(在位:1035年 - 1037年)、のちカスティーリャ王(在位:1037年 - 1065年)およびレオン(在位:1037年 - 1065年)。1056年に「全ヒスパニア皇帝」として戴冠した。「大王」(El Magno)と呼ばれる。

概要[編集]

ナバラ王サンチョ3世の次男として生まれる。1035年にサンチョ3世が死去すると、遺領は4人の王子に分割相続され、フェルナンドはカスティーリャ伯領を獲得した。1037年に妻サンチャの兄ベルムード3世を破ってレオンを獲得し、カスティーリャとレオンの王を称した。

死後、遺言によって遺領は分割され、カスティーリャを長男サンチョ2世が、レオンを次男アルフォンソ6世が、ガリシアを三男ガルシア2世が、トロとサモラを娘エルビラとウラカがそれぞれ相続した。

子女[編集]

1033年、レオン王アルフォンソ5世の娘サンチャと結婚し[1]、以下の子女をもうけた。

  • ウラカ(1033/4年 - 1101年) - サモラを相続
  • エルビラ(1038/9年 - 1101年) - トロを相続
  • サンチョ2世(1040年 - 1072年) - カスティーリャ王(1065年 - 1072年)
  • アルフォンソ6世(1040/1年 - 1109年) - レオン王(1065年 - 1109年)、カスティーリャ王(1072年 - 1109年)
  • ガルシア2世(1042年頃 - 1090年) - ガリシア王(1065年 - 1071年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Louda & Maclagan, p. 92

参考文献[編集]

  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.

関連項目[編集]

先代:
ガルシア・サンチェス
カスティーリャ伯
1035年 - 1037年
次代:
カスティーリャ王を称す
先代:
カスティーリャ王
1037年 - 1065年
次代:
サンチョ2世
先代:
ベルムード3世
レオン王
1037年 - 1065年
次代:
アルフォンソ6世
ガルシア2世(ガリシア王)