ガルシア1世 (レオン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガルシア1世
García I
レオン王
García I de León (Retiro, Madrid) 01.jpg
在位 910年 - 914年

出生 870年
死去 914年
Banner of arms kingdom of Leon.svg レオン王国サモーラ
埋葬 Banner of arms kingdom of Leon.svg レオン王国、オビエド大聖堂内パンテオン・デ・レイエス
配偶者 ムニアドナ
家名 アストゥリアス家
王朝 ペレス朝
父親 アストゥリアス王アルフォンソ3世
母親 ヒメナ・デ・パンプローナ
テンプレートを表示

ガルシア1世 (García I de León、870年頃 - 914年)は、初代レオン王(在位:910年 - 914年)。

生涯[編集]

アストゥリアスアルフォンソ3世と、妃ヒメナ・デ・アストゥリアスがもうけた子供たちのうち、最も年長の息子であった。ガルシアは909年まで父とともに政治を行っていた。909年、ガルシアが関わっていた陰謀が露見した。アルフォンソ3世は王位を放棄し、領土を息子たち3人に分割相続させた。レオンはガルシアが、ガリシアオルドーニョが、アストゥリアスはフルエラが治めることとなった。アストゥリアスが3カ国の中で第一であると認識された。

ガルシアの治世において、ドゥエロ川流域の要塞化が進められ、ロア、オスマ、クルニア、サン・エステバン・デ・ゴルマスに再植民が行われた。同時代のカスティーリャ伯、ゴンサロ・フェルナンデスはこれらの取り組みを通じて影響力を得た。

914年、嗣子のないままガルシア1世はサモーラで没し、レオン王位をついだのはガリシアを治めていた弟オルドーニョであった。ガルシア1世の埋葬地は、オビエド大聖堂内にあるパンテオン・デ・レイエスである。

ガルシア1世の妃であったムニアドナは、カスティーリャ伯ムニオ・ヌニェスの子であった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 異なる説が最近マヌエル・カリエド・テヘドによって示唆されている。ムニアドナはアルフォンソ3世の兄弟ヌーニョの娘で、夫ガルシア1世とはいとこの間柄であったというものである。おそらくムニアドナはカスティーリャ伯ゴンサロ・フェルナンデスの妻で、フェルナン・ゴンサレスの母であるムニアドナと同一人物であるという。