レオン君主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Coat of Arms of Leon with the Royal Crest.svg

910年アストゥリアス王国アルフォンソ3世の3人の息子に分割して継承されたことでレオン王国が成立し、アルフォンソ3世の長男ガルシア1世がその初代国王となった。

レオン国王[編集]

ペレス家[編集]

肖像画 名前 生誕 統治期間 死去 備考
García I, rey de León.jpg ガルシア1世 871年頃 910年 – 914年 914年
OrdoniusII.jpg オルドーニョ2世 873年頃 914年 – 924年 924年 ガリシア王 (910年 - 924年)
Miniatura de Fruela II el Leproso, rey de León.JPG フルエーラ2世 875年頃 924年 – 925年 924 アストゥリアス王 (910年 - 925年)
ガリシア王 (924年 - 925年)
アルフォンソ・フロイラス ? 925年 – 926年 932年頃 アルフォンソ4世との抗争に敗れ退位
Alfonso IV de Leon.jpg アルフォンソ4世 890年頃 926年 – 931年 933年 退位
Ramiro2Leon.jpg ラミロ2世 900年頃 931年 – 950年 950年
Ordono III of León.jpg オルドーニョ3世 926年頃 951年 – 956年 956年
Sancho I el Craso, rey de León.jpg サンチョ1世 ? 956年 – 958年 966年
Ordono IV of Leon big.jpg オルドーニョ4世 926年頃 958年 – 960年 962年
Sancho I el Craso, rey de León.jpg サンチョ1世 ? 960年 – 966年 966年
Ramiro III of León.jpg ラミロ3世 961年 966年 – 984年 985年
Bermudo II of León.jpg ベルムード2世 956年 982年 – 999年 999年
Alfonso V of León.jpg アルフォンソ5世 994年 999年 – 1028年 1028年
Bermudo III de León (Ayuntamiento de León).jpg ベルムード3世 1010 1028年 – 1037年9月4日 1037年9月4日

ヒメノ家[編集]

肖像画 名前 生誕 統治期間 死去 備考
Ferdinand Leonsky.jpg フェルナンド1世 1017年 1037年 – 1065年 1065年 妃はアルフォンソ5世の娘サンチャ
AlfonsoVI of Castile.jpg アルフォンソ6世 1040年6月以前 1065年 – 1072年1月 1109年6月29日/7月1日 兄弟により廃位
(数年後復位)
Sancho II de Castilla (Ayuntamiento de León).jpg サンチョ2世 1036/1038年 1072年1月 – 1072年10月7日 1072年10月7日 カスティーリャ王 (1065年 - 1072年)
AlfonsoVI of Castile.jpg アルフォンソ6世
(復位)
1040年6月以前 1072年10月7日 – 1109年6月29日/7月1日 1109年6月29日/7月1日 カスティーリャ王 (1072年 - 1109年)
UrracaRegina TumboA.jpg ウラカ 1082年 1109年 – 1126年3月8日 1126年3月8日 カスティーリャ女王 (1109年 - 1126年)

ブルゴーニュ家[編集]

この一族は男系ではウラカの夫ガリシア伯ライムンドの子孫にあたる。

肖像画 名前 生誕 統治期間 死去 備考
Alfonso VII.jpg アルフォンソ7世 1105年3月1日 1126 – 1157年8月21日 1157年8月21日 ガリシア王 (1111年 - 1157年)
カスティーリャ王 (1126年 - 1157年)
TumboA ferdinand.jpg フェルナンド2世 1137年3月1日 1157年–1188年 1188年1月22日
Alfons9.jpg アルフォンソ9世 1171年8月15日 1188年–1230年 1230年9月23日
Ferdinand III of Castile.jpg フェルナンド3世 1199年7月30日ないし8月5日 1230年–1252年 1252年5月30日 カスティーリャ王 (1217年 - 1252年)
1671年に列聖 される。
以後は全ての国王がカスティーリャ王を兼ねる。

これ以降はカスティーリャ王の一覧(フェルナンド3世以降)を参照のこと。
レオン王国は実質的にはカスティーリャ王国(および後のスペイン王国)に統合されるが、名目上はフェリペ5世の時代まで存続する。

系図[編集]

  •   レオン王


アストゥリアス王
 
 
 
ペレス家
アルフォンソ3世
アストゥリアス王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガルシア1世
 
オルドーニョ2世
ガリシア王
 
フルエーラ2世
アストゥリアス王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルフォンソ4世
 
ラミロ2世
 
アルフォンソ・
フロイラス
 
 
 
 
 
 
 
 
オルドーニョ4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オルドーニョ3世
 
サンチョ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベルムード2世
 
ラミロ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルフォンソ5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベルムード3世
 
 
 
 
 
 
サンチャ
 
ヒメノ家
フェルナンド1世
カスティーリャ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サンチョ2世
カスティーリャ王
 
アルフォンソ6世
カスティーリャ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボルゴーニャ家
ライムンド
ガリシア伯
 
ウラカ
カスティーリャ女王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルフォンソ7世
カスティーリャ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サンチョ3世
カスティーリャ王
 
フェルナンド2世
 
 
 
 
 
 
 
 
アルフォンソ8世
カスティーリャ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベレンゲラ
カスティーリャ女王
 
アルフォンソ9世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェルナンド3世
カスティーリャ王
 
 
 
 
 
 
 
カスティーリャ王

参考文献[編集]

  • Barton, Simon. The Aristocracy in Twelfth-Century León and Castile. Cambridge University Press, 1997. Appendix I: "The Counts of Twelfth Century León and Castile", pp. 235–302.

関連項目[編集]