アルフォンソ・フロイラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルフォンソ・フロイラス
Alfonso Froilaz
レオン王
在位 925年 - 926年
死去 932年?
サン・フリアン・イ・サン・バシリサ修道院
王家 アストゥリアス家
王朝 ペレス朝
父親 フルエーラ2世
母親 ヌニロ・ヒメネス
テンプレートを表示

アルフォンソ・フロイラス (Alfonso Froilaz、? - 932年?)は、レオン王(在位:925年 - 926年)。別名は傴僂王(el Jorobado、背が曲がった、という意味)。彼は父フルエーラ2世死後の925年から、926年にオルドーニョ2世の息子たちによって追われるまで王位にあった。932年、当時のレオン王ラミロ2世に対して反乱を起こし、実弟たちやいとこのアルフォンソ4世とともに捕らえられ、盲目にされた。

アルフォンソ・フロイラスの生涯に関する文献は乏しい[1]中世年代記の多くや、その他公文書は彼の存在を無視するか、同じくその生涯が大まかにしか知られていない、いとこのアルフォンソ4世と混同している[2] 。しかし彼の名は多くの王たちとともに、年代記『Nomina Regum Catolicorum Legionensum』に記されている[2]

生涯[編集]

父フルエーラ2世の死後、アルフォンソは実弟オルドーニョとラミロの支持を得て王位についた。しかし、オルドーニョ2世の遺児であるサンチョ、アルフォンソラミロの3兄弟との争いが起こった。サンチョ王子はガリシア貴族の、アルフォンソ王子はパンプローナ王国の、ラミロ王子はポルトゥカーレ貴族の支持を受けた。926年、アルフォンソ・フロイラスは王位から引きずり落とされ、アルフォンソ王子がアルフォンソ4世として即位した。サンチョ王子はガリシアを統治、ラミロ王子はポルトゥカーレの支配者となった。3兄弟はそれぞれの領地で王を名乗ったが、レオン王であるアルフォンソ4世に優先性を認めていた。

一方で、アルフォンソ・フロイラスと兄弟たちはアストゥリアスに逃れ、王を名乗り続けていた。

932年、ラミロ2世に対する反乱を起こしたアルフォンソ・フロイラスと兄弟たちは、復位を狙って反乱に参加したアルフォンソ4世とともに捕らえられた。彼らは全員目を潰され、のちにサン・フリアン・イ・サン・バシリサ修道院(レオン県ルイフォルコ)へ送られ、死ぬまで幽閉された。

一部の年代記作者たちは932年かその直後としているものの、正確な死没日は不明である[3]

脚注[編集]

  1. ^ Scripta: estudios en homenaje a Elida García García (1998). Universidad de Oviedo
  2. ^ a b De Ayala Martínez, Carlos (2008). Sacerdocio y Reino en la España Altomedieval: iglesia y poder político en el occidente peninsular, siglos VII-XII. Silex Ediciones.
  3. ^ Foundation for Medieval Genealogy”. 2010年2月20日閲覧。