ウラカ (カスティーリャ女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウラカ
Urraca
カスティーリャ女王
レオン女王
Doña Urraca.jpg
ウラカ女王像
在位 1109年 - 1126年
出生 1082年
死去 1126年3月8日
配偶者 ガリシア伯ライムンド
  アラゴン王およびナバラ王アルフォンソ1世
子女 サンチャ
アルフォンソ7世
王家 ヒメノ家
王朝 ヒメノ朝
父親 アルフォンソ6世
母親 コンスタンサ・デ・ボルゴーニャ
テンプレートを表示

ウラカ(Urraca, 1082年 - 1126年3月8日)は、カスティーリャ王国女王(在位:1109年 - 1126年[1])。レオン王国の女王も兼ねる[2]アルフォンソ6世と2番目の王妃コンスタンサ・デ・ボルゴーニャの娘。

生涯[編集]

父には嫡男がなく、ウラカ以外の嫡出子も夭折したため、1109年の父の死で王位についた。

最初、1095年にガリシア伯ライムンドと結婚し、サンチャ、アルフォンソ(後のアルフォンソ7世)を生んだ[3]が、ライムンドは1107年に亡くなった[4][5]

1108年に父はムラービト朝の脅威からカスティーリャを守るため、ウラカを後継者に定めると共にアラゴンアルフォンソ1世との2度目の結婚も発表した。このためウラカは王位継承と同じ1109年にアルフォンソ1世と再婚した[5]。しかし、カスティーリャとアラゴンの合同は貴族から不評が相次ぎ、先夫との息子アルフォンソを擁立しようと考える派閥も現れ、好色で気まぐれなウラカと対照的にアルフォンソ1世は粗野な軍人肌の性格だったため2人の相性も悪く、不協和音が出たカスティーリャは内乱に陥ってしまった[5][6]

異母妹テレサと夫のポルトゥカーレ伯エンリケが独立を画策、サアグンも自治コミューンを樹立してアルフォンソ1世と提携する中[5]1111年にウラカは近親婚を理由にアルフォンソ1世との結婚を解消、アルフォンソ1世はアラゴンへ戻った後、1116年にウラカは支援を失ったサアグンを制圧した[7]。しかし、東はアルフォンソ1世の侵攻に晒されカラオラタラソナトゥデラエピラボルハなどを1119年に奪われ、西はポルトゥカーレが独立へ進みカスティーリャの弱体化が明らかになった[8]

この隙にムラービト朝がカスティーリャへの攻撃を開始、トレドを攻撃してタホ川流域の他の都市も襲撃して奪い取ったが、トレドを含む一部の自治都市の抵抗で持ちこたえ、結果的に小競り合いに終始してカスティーリャへの侵攻は阻止された[5][9]。苦難に満ちた治世を過ごした後、1126年に44歳で亡くなり息子がカスティーリャ・レオン王アルフォンソ7世に即位した。

3度目の夫は、ララ伯爵ペドロ・ゴンサレスである。

サンティアゴ・デ・コンポステーラに存在する聖遺物の1つである「小ヤコブの頭部」をもたらした[10]。これは当初、同聖地においては失われたとされていた「大ヤコブの頭部」という触れ込みであった[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 浅野 2003, p. 6
  2. ^ 池田健二 『カラー版 スペイン・ロマネスクへの旅』、2011年、216頁。ISBN 978-4-12-102102-12013年5月閲覧。この女王の時代に一旦カスティーリャとレオンは統合するが、後にまた分離する。
  3. ^ 関哲行 「12世紀前半のサンチャゴ・デ・コンポステラにおけるコミューン運動(中)」、『流通経済大学社会学部論叢』 (流通経済大学)116頁、1991年ISSN 0917222Xhttp://ci.nii.ac.jp/naid/110007190857/ 
  4. ^ 芝、P113 - P114
  5. ^ a b c d e 関(2008年)、P151。
  6. ^ ローマックス、P104、芝、P114 - P115。
  7. ^ 関(2008年)、P156 - P157。
  8. ^ ローマックス、P115、P125。
  9. ^ ローマックス、P104 - P107、P110、芝、P115。
  10. ^ 浅野 2003, p. 7
  11. ^ 浅野 2003, p. 12

参考文献[編集]