アストゥリアス王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アストゥリアス王国
Reinu d'Asturies
Asturorum Regnum
西ゴート王国 718年 - 925年 レオン王国
アストゥリアス王国の国章
(国章)
国の標語: Hoc Signo Tuetur Pius, Hoc Signo Vincitur Inimicus
アストゥリアス王国の位置
公用語 アストゥリアス語ラテン語
首都 カンガス・デ・オニスラングレーオプラビアオビエド
国王
718年 - 737年 ペラーヨ
変遷
建国 718年
世襲君主制導入 842年
レオン王国へ発展のため消滅 925年
ペラーヨの像

アストゥリアス王国(アストゥリアスおうこく、アストゥリアス語: Reinu d'Asturiesスペイン語: Reino de Asturiasラテン語: Asturorum Regnum)は、イベリア半島にかつて存在した王国。

711年(または712年)、グアダレーテ河畔の戦いでイベリア半島をイスラーム勢力(ウマイヤ朝)が征服し、西ゴート王国が滅亡した。この際、イスラームへの抵抗を続けた西ゴート王国の貴族ペラーヨは、イベリア半島北西部にまで逃れ、在地のアストゥリアス人勢力と結んで、アストゥリアス王国を建国した。イスラーム勢力の攻撃を受けるが、722年頃にコバドンガの戦いで勝利して独立を保つと、カンガス・デ・オニスを都として支配を固めた。

アルフォンソ2世の時代にガリシア地方へと版図を拡大し、聖ヤコブ守護聖人とするサンティアゴ大聖堂を設けた。また、カンガス・デ・オニスにかわりオビエドを支配の拠点とした。このころより、イスラーム勢力に対する反撃が進められた。ガルシア1世の時代に、都はオビエドからレオンへと遷された。これ以降の王国はレオン王国と称される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]