ペラーヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペラーヨ
Pelayo
アストゥリアス王
Don Pelayo.jpg
在位 718年 - 737年
死去 737年
埋葬  
アバミア
子女 ファビラ
エルメシンダ
王家 アストゥリアス家
父親 ガラエキアの公ファヒラ
テンプレートを表示

ペラーヨ(スペイン語:Don Pelayo, ? - 737年)は、西ゴート王国貴族で、初代アストゥリアス王(在位:718年 - 737年)。

生涯[編集]

ペラヨはファヒラの息子であった。『Codex Vigilanus』によると、ファヒラはガラエキアの公であったが西ゴート王ウィティザに殺害されたという[1]。 『アルフォンソ3世年代記』ではペラヨは西ゴート王キンダスウィントの孫とされ、その父はウィティザの指示でコルドバに幽閉されていたとされる[2]。イスラム勢力がイベリア半島に侵攻し、グアダレーテ河畔の戦いウマイヤ朝軍に敗れた西ゴート王国が崩壊するとアストゥリアス地方に逃げ、718年にアストゥリアス王国を建国した。722年にコバドンガの戦いでイスラム軍を破っている[3]。 このことより、イベリア・レコンキスタの開始者として位置づけられている。

息子ファビラが跡を継ぎ、娘エルメシンダは後にアストゥリアス王となるアルフォンソ1世と結婚した。

脚注[編集]

  1. ^ Collins (1989), p. 143
  2. ^ Collins (1989), p. 144
  3. ^ Collins (1989), p. 145

参考文献[編集]

  • Collins, Roger (1989). The Arab Conquest of Spain, 710-797. Oxford: Blackwell Publishing. ISBN 0-631-15923-1.