ペラーヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペラーヨ
Pelayo
アストゥリアス王
Don Pelayo.jpg
在位 718年 - 737年
死去 737年
埋葬  
アバミア
子女 ファビラ
エルメシンダ
王家 アストゥリアス家
父親 ガラエキアの公ファフィラ(ファビラ)
テンプレートを表示

ペラーヨ(スペイン語:Don Pelayo, ? - 737年)は、西ゴート王国貴族で、初代アストゥリアス王(在位:718年 - 737年)。

生涯[編集]

ペラヨはアストゥリアス地方を支配していた西ゴートの貴族ファフィラ(ファビラ)の息子であったといわれる[1]。『Codex Vigilanus』によると、ファフィラはガラエキアの公であったが西ゴート王ウィティザに殺害されたという[2]。 『アルフォンソ3世年代記』ではペラヨは西ゴート王キンダスウィントの孫とされ、父ファフィラはウィティザの指示でコルドバに幽閉されていたとされる[3]。イスラム勢力がイベリア半島に侵攻し、グアダレーテ河畔の戦いウマイヤ朝軍に敗れた西ゴート王国が崩壊するとアストゥリアス地方に逃げ、718年にアストゥリアス王国を建国した。722年にコバドンガの戦いでイスラム軍を破っている[4]。 このことより、イベリア・レコンキスタの開始者として位置づけられている。

息子ファビラ(ファフィラ)が跡を継ぎ、娘エルメシンダは後にアストゥリアス王となるアルフォンソ1世と結婚した。

脚注[編集]

  1. ^ 西川、p. 24
  2. ^ Collins (1989), p. 143
  3. ^ Collins (1989), p. 144
  4. ^ Collins (1989), p. 145

参考文献[編集]

  • 西川和子 『スペイン レコンキスタ時代の王たち』 彩流社、2016年
  • Collins, Roger (1989). The Arab Conquest of Spain, 710-797. Oxford: Blackwell Publishing. ISBN 0-631-15923-1.