守護聖人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーロッパの守護聖人

守護聖人(しゅごせいじん、ラテン語:patronus)は、キリスト教の伝統的な信仰の一つで、特定の職業・活動や国、地域などを、ゆかりのある聖人(あるいは天使)がそのために取りなし、守っているという思想。カトリック教会および正教会でよく見られる信仰である。プロテスタントの諸教会では聖人を職業や活動に結び付けることは一般的にはなされない。

カトリック教会における守護聖人[編集]

守護聖人の意味[編集]

カトリック教会の伝統において、さまざまな職業や地域に守護聖人がいるが、それなりに縁のある聖人が選ばれている。たとえば聖ヒエロニムス聖書ヘブライ語からラテン語へ翻訳したことから、通訳の守護聖人である。また、聖女アポロニア殉教時の拷問で歯を抜かれたことから、歯科医の守護聖人になっている。時にはその結びつきの理由がよくわからないものもある。

また地域と守護聖人の関係においても、その聖人と縁があることやその地域で特定の聖人への信心が強いことが理由になっている。たとえばフランシスコ・ザビエルは日本にキリスト教をもたらしたことから日本の守護聖人になっている。

特殊な例として(すべての病気に守護聖人があるわけではないが)ある病気の守護聖人というのもあり、たとえばアウグスティヌスは眼病の守護聖人となっている。これは眼病を守っているのではなく、眼病の人がアウグスティヌスにとりなしを願うと効果があるという意味である。

守護聖人は一対一対応ではないので、一人の聖人が多くの職業や地域の守護聖人となっていることもあり、一つの職業、地域に多くの守護聖人がいることもある。たとえば先のフランシスコ・ザビエルは、日本以外にも中国インドインドネシアオーストリアニュージーランドなどの守護聖人でもある。また日本の守護聖人とされるのはザビエル以外にも大天使聖ミカエル日本二十六聖人聖母マリア、などがある。

主な守護聖人と職業[編集]

主な国・地域の守護聖人[編集]

聖母マリアの称号に捧げられた地域[編集]

多くの地域が聖母マリアを守護者としている。カトリック教会では聖母マリアのさまざまな称号(あるいは呼び名)があり、それぞれに捧げられている地域がある。主なものを以下にあげる。

  • 無原罪のおんやどり - アメリカ合衆国、アルゼンチン、韓国、コルシカ島、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、タンザニア、チュニジア、パナマ、フィリピン、ブラジル、ポルトガル
  • 聖母のみこころ - アンゴラ、グルジア、コンゴ、パナマ
  • 被昇天の聖母 - インド、ジャマイカ、スロバキア、フランス、ポルトガル、南アフリカ、アカディア
  • 雪の聖母 - イタリア
  • キリスト者の助け手聖母 - オーストリア、ニュージーランド、ニューヨーク
  • 我らの貴婦人(ノートルダム) - フランス

正教会における守護聖人[編集]

日本ハリストス正教会における守護聖人[編集]

ロシア正教会からの流れを汲む日本ハリストス正教会では、日本の亜使徒・大主教ニコライが日本の守護聖人である。

関連項目[編集]