サンチョ3世 (カスティーリャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンチョ3世
Sancho III
カスティーリャ王
Sancho III de Castela - Compendio de crónicas de reyes (Biblioteca Nacional de España).png
在位 1157年 - 1158年

出生 1134年
トレド
死去 1158年8月31日
トレド
埋葬  
トレド大聖堂
配偶者 ブランカ・ガルセス・デ・ナバラ
子女 アルフォンソ8世
王家 ボルゴーニャ家
王朝 ボルゴーニャ朝
父親 アルフォンソ7世
母親 ベレンゲラ・デ・バルセロナ
テンプレートを表示

サンチョ3世スペイン語Sancho III, 1134年 - 1158年8月31日)は、カスティーリャ王国国王(在位:1157年 - 1158年)。「The Desired(el Deseado)」と呼ばれる。「ヒスパニア皇帝」を自称したカスティーリャ=レオンアルフォンソ7世と王妃ベレンゲラ・デ・バルセロナの長男[1]。レオン王フェルナンド2世の兄。

生涯[編集]

1157年に父王アルフォンソ7世は死去するが、その遺言により王国を弟フェルナンドと分割した。サンチョはサンチョ3世としてカスティーリャ王に、フェルナンドはフェルナンド2世としてレオン王にそれぞれ即位した[2]。しかしサンチョ3世は即位後1年も経たない1158年8月31日に急死し、王妃ブランカナバラガルシア6世の王女)との間に生まれていた一人息子アルフォンソがアルフォンソ8世として王位を嗣ぐこととなった。

脚注[編集]

  1. ^ M. M. Busk, p. 31.
  2. ^ Peter Linehan, p. 8.

参考文献[編集]

  • M. M. Busk, The history of Spain and Portugal from B.C. 1000 to A.D. 1814, Baldwin and Cradock, 1833.
  • Kenneth John Conant, Carolingian and Romanesque Architecture, 800 to 1200, Yale University Press, 1959.
  • Peter Linehan, Spain:A Partible Inheritance 1157-1300, Blackwell Publishing Ltd, 2011.
  • Joseph F. O'Callaghan, A History of Medieval Spain, Cornell University Press, 1975.