タイファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1031年のイベリア半島。緑がタイファの版図

タイファスペイン語ポルトガル語 Taifa)は、かつてイベリア半島に存在したイスラム教諸王国およびその君主を指す語。アラビア語で「分立している集団」「部族集団」などを意味するターイファ طائفة tā'ifa (複数形はタワーイフ طوائف tawā'if )に由来する名称で、「分立する諸王(朝)」ほどの意味である「ムルーク・アッタワーイフ」 ملوك الطوائفmulūk al-tawā'if と呼ばれる。「ターイファ諸国」、「群小王朝」などとも訳される。1031年後ウマイヤ朝が滅亡したあとに誕生した。

概要[編集]

1031年のイベリア半島

イベリア半島の歴史におけるタイファという語は、独立したムスリム支配の君主国、 首長国あるいは 小王国を指す。1031年コルドバを首都とした後ウマイヤ朝が最終的に崩壊したあとに、イベリア半島(アンダルス)各地に建国された(第一次タイファ時代)。

タイファの起源が後ウマイヤ朝の行政上の区分にあることはほぼ間違いない。また、後ウマイヤ朝のエリートの民族区分にも起源を持つ。アラブ人(力はあったが少数派であった)、ベルベル人、イベリア半島のイスラム教徒(ムラディとして知られる)、そしてサカーリバ(ヨーロッパ人奴隷)である。

タイファ諸国は11世紀末から12世紀はじめにムラービト朝によって征服されたが、12世紀なかばにムラービト朝が衰えると再びタイファ諸国が分立した(第二次タイファ時代)。

11世紀および12世紀半ばのタイファ諸国の全盛期には、タイファのアミールたちは互いに競い合った。軍事面だけでなく、名声も競争の対象であり、有名な詩人や芸術家を迎え入れようとした。

半島北部のキリスト教諸王国はしばしば後ウマイヤ朝カリフに貢物を贈っていたが、後ウマイヤ朝が滅亡すると立場が逆転した。分裂したタイファ諸国はキリスト教諸国よりも劣勢となり、カスティーリャ・レオン王国アラゴン王国などにパリアと呼ばれる貢物を納めて臣従した。   軍事力の弱体化によって、タイファの君主はキリスト教諸国と戦うために二度にわたって北アフリカ(マグリブ)の軍勢に頼った。1085年トレドの陥落後にはムラービト朝の軍勢に頼り、 1147年リスボンの陥落の際にはムワッヒド朝に頼っている。しかし、これらのマグリブのイスラム新勢力は、タイファ諸国を助けるよりも、彼らの版図にタイファ諸国を組み入れて支配した。

ムワッヒド朝の衰退により再びタイファ諸国が乱立した(第三次タイファ時代)が、すでにキリスト教諸国によるレコンキスタは勢いを増しており、1251年にはグラナダナスル朝を除く全タイファ諸国が征服された。ナスル朝はカスティーリャ王国に臣従して延命したが、1479年に統一された新生スペイン王国によって、1492年に征服された。

タイファ諸国は、隣国と戦うためにしばしばキリスト教徒の傭兵を雇った。エル・シッドが有名な例として挙げられる。 

大きなタイファは次のとおり。

サラゴサ、トレド、バダホスは、もともと後ウマイヤ朝の国境警備軍の管轄区であった。

主なタイファ諸王朝[編集]

 

全てのタイファのリスト[編集]

名称は現代スペイン語、ポルトガル語

  • アルバラチンAlbarracín): 1011-1104(ムラービト朝へ)
  • アルジェシラスAlgeciras): 1035-58(セビリア王国へ)
  • アルメリアAlmería): 1011-91(ムラービト朝へ); 1145-47(一時カスティーリャ王国、その後ムワッヒド朝へ)
  • アルプエンテAlpuente): 1009-1106(ムラービト朝へ)
  • アルコスArcos): 1011-91(ムラービト朝へ); 1143(ムワッヒド朝へ)
  • アルホナArjona): 1232–1244(カスティーリャ王国へ)
  • バダホスBadajoz): 1009-1094(ムラービト朝へ); 1145-50(ムワッヒド朝へ)
  • バエサBaeza): 1224-26(カスティーリャ王国へ)
  • バレアレス諸島Islas Baleares)あるいはマジョルカMajorca): 1076-1116(ムラービト朝へ)
  • ベハおよびエボラBeja y Évora): 1114-50(ムワッヒド朝へ)
  • カルモナCarmona): 1013-91(ムラービト朝へ); その後は不明
  • セウタCeuta): 1061–1084(グラナダ王国へ)
  • カスタンティーナおよびホルナチェロスConstantina y Hornachuelos): その後は不明
  • コルドバCórdoba)(共和制): 1031-91(セビーリャ王国へ)
  • デニアDenia): 1010/12-76(サラゴサ王国へ); 1224-1227(ムワッヒド朝へ?)
  • グラナダGranada (Garnata)): 1013-90(ムラービト朝へ); 1145(ムワッヒド朝へ?); 1237-1492(この期間は「タイファ」ではなかったとみられる(en); カスティーリャ王国へ); 1568-71(アラブとムスリムの習慣が禁止された後「ラス・アルプハラス」の反乱が起こり、反乱者らにより2人の王が立てられた)
  • グァディクスおよびバサGuádix y Baza): 1145-51(ムルシアへ)
  • ハエンJaén): 1145-1159(ムルシアへ); 1168(ムワッヒド朝へ)
  • ヘレスJerez):1145(ムワッヒド朝へ)
  • ヘリカJérica): その後は不明
  • リスボンLisboa): 1022-?(バダホス王国へ)
  • ロルカLorca): 1051-91(ムラービト朝へ); 1240-65(カスティーリャ王国へ)
  • マラガMálaga): 1026-57/58(グラナダ王国へ); 1073-90(ムラービト朝へ); 1145-53(ムワッヒド朝へ)
  • メノルカMenorca): 1228-87(アラゴン王国へ)
  • メルトラMértola): 1033-91(ムラービト朝へ); 1144-45(バダホス王国へ); 1146-51(ムワッヒド朝へ)
  • モリナMolina): ?-1100(アラゴン王国へ)
  • マロンMorón): 1013-66(セビーリャ王国へ)
  • ムルシアMurcia): 1011/12-65(バレンシアへ); 1065-78(セビーリャ王国へ); 1145(バレンシアへ); 1147-72(ムワッヒド朝へ); 1228-66(カスティーリャ王国へ)
  • ムルビエドロおよびサグントMurviedro y Sagunto): 1086-92(ムラービト朝へ)
  • ニエブラNiebla): 1023/24-91(セビーリャ王国へ); 1145-50?(ムワッヒド朝へ); 1234-62(カスティーリャ王国へ)
  • オリフエラOrihuela): 1239/40-49/50(ムルシアもしくはカスティーリャ王国へ)
  • プルチェラPurchena): その後は不明
  • ロンダRonda): 1039/40-65(セビーリャ王国へ); 1145(ムラービト朝へ)
  • ルエダRueda): 1118–30(アラゴン王国へ)
  • サルテスおよびウエルバHuelva y Saltés): 1012/13-51/53(セビーリャ王国へ)
  • サンタ・マリア・デル・アルガルベSanta María del Algarve): 1018-51(セビーリャ王国へ)
  • サンタレンSantarem): ?-1147(ポルトガル王国へ)
  • セゴルベSegorbe): その後は不明
  • セグラSegura): 1147-?(その後は不明)
  • セビーリャSevilla): 1023-91(ムラービト朝へ)
  • シルベスSilves): 1040-63(セビーリャ王国へ); 1144-55(ムワッヒド朝へ)
  • タビラTavira): その後は不明
  • テハダTejada): 1145-50(ムワッヒド朝へ)
  • トレドToledo): 1010/31-85(カスティーリャ王国へ)
  • トルトサTortosa): 1039-60(サラゴサ王国へ); 1081/82-92(デニアへ)
  • バレンシアValencia): 1010/11-94(名目上カスティーリャ王国の家臣エル・シッドが征服); 1145-72(ムワッヒド朝へ); 1228/29-38(アラゴン王国へ)
  • サラゴサZaragoza): 1013-46(小国に分裂); 1046-1110(ムラービト朝へ); 1130年までルエダで継続(アラゴン王国へ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]