フアン2世 (カスティーリャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フアン2世
フアン2世
カスティーリャ王
Burgos - Cartuja de Miraflores - Tumba de Juan II de Castilla.jpg
ブルゴス、カルトゥハ修道院にあるフアン2世の墓碑
在位 1406年 - 1454年
出生 1405年3月6日
トーロ
死去 1454年7月20日
バリャドリッド
埋葬  
カルトゥハ修道院
配偶者 マリア・デ・アラゴン
  イサベル・デ・ポルトゥガル
子女 一覧参照
王家 トラスタマラ家
王朝 トラスタマラ朝
父親 エンリケ3世
母親 キャサリン・オブ・ランカスター
テンプレートを表示

フアン2世スペイン語Juan II, 1405年3月6日 - 1454年7月20日)は、カスティーリャ王国トラスタマラ朝)の国王(在位:1406年 - 1454年)。エンリケ3世とその王妃でイングランドの王子ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントの娘カタリーナの息子。

生涯[編集]

父王の死去により、フアン2世は1406年12月25日にわずか1歳10ヶ月で王位に即き、母カタリーナと叔父フェルナンドが摂政となった[1]ペドロ1世の孫を母親に持つフアン2世の即位には、ペドロ1世の系統(ボルゴーニャ家)とトラスタマラ王家の合一という意味があった。1412年、叔父フェルナンドはアラゴン王フェルナンド1世として即位した。

フアン2世の治世は49年の長きに亘ったが、それはカスティーリャにとって極めて不運なことだった。フアン2世は温和ではあったが、薄弱で周囲から影響されやすかった。彼は装飾以外には好みがなく、詩作・狩り・馬上試合などのような娯楽以外には興味がなかった。

2番目の王妃にポルトガル王女イサベルを迎えるまで、フアン2世はサンティアゴ騎士団アルバロ・デ・ルナを重用していた(スペインの寵臣政治の最初の例とされる)。しかしイサベルはフアン2世に対する影響力をアルバロから奪い、忠実で有能な大臣であった彼を罷免させた。

1454年7月20日、フアン2世はバリャドリッドで死去した。

家族[編集]

1418年に、アラゴンフェルナンド1世の娘で従姉に当たるマリア・デ・アラゴン(1396年 - 1445年)と結婚した。2人の間には1男3女が生まれた。

1447年に、ポルトガル王ドゥアルテ1世の弟ジョアン王子の娘イサベル・デ・ポルトゥガル(1428年 - 1496年)と再婚した。2人の間には1男1女が生まれた。

脚注[編集]

  1. ^ 関 他、p. 180

参考文献[編集]

  • 関哲行 他 『世界歴史大系 スペイン史 1』 山川出版社、2008年
先代:
マリア
アストゥリアス公
1405年 - 1406年
次代:
カタリーナ