イサベル・デ・ポルトゥガル (カスティーリャ王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イサベル・デ・ポルトゥガル
Isabel de Portugal
カスティーリャ王妃
La-demencia-de-Isabel-de-Portugal.jpg
La demencia de Isabel de Portugal(「イサベル・デ・ポルトゥガルの狂気」)(Pelegrí Clavé, 1855年)
出生 1428年
死去 1496年8月15日
Estandarte del Reino de Castilla.svg カスティーリャ王国アレバロ
埋葬  
Estandarte del Reino de Castilla.svg カスティーリャ王国ブルゴス、ミラフローレス・カルトジオ会修道院
配偶者 カスティーリャフアン2世
子女 イサベル1世
アルフォンソ
父親 ジョアン・デ・ポルトゥガル
母親 イザベル・デ・バルセロス
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

イサベル・デ・ポルトゥガル(Isabel de Portugal)またはイサベル・デ・アビス・イ・ブラガンサ(Isabel de Avis y Braganza, 1428年 - 1496年8月15日)は、カスティーリャレオンフアン2世の2番目の王妃。女王イサベル1世の母。

生涯[編集]

父はポルトガルジョアン1世と王妃フィリパの息子で、ドゥアルテ1世エンリケ航海王子の弟であるジョアン王子。母は初代ブラガンサ公アフォンソ1世ブラガンサ家の祖)の娘でジョアンの姪に当たるイザベル・デ・バルセロス。妹ベアトリスジョアン2世の王妃レオノールマヌエル1世王の母である。

1447年、最初の王妃マリア・デ・アラゴンと2年前に死別したフアン2世と結婚した。2人の間には1男1女が生まれた。

フアン2世には先妻マリアとの間にイサベルより年長の息子エンリケ(1425年生)がいて、フアン2世が1454年に死去するとエンリケ4世として即位した。エンリケ4世はイサベルとその子供たち(エンリケの異母妹弟に当たる)を追放した。

娘イサベルのカスティーリャ女王在位中の1496年に死去した。