マリア・デ・アラゴン (カスティーリャ王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリア・デ・アラゴン
María de Aragón
カスティーリャ王妃
Monasterio de Santa María de Huerta - Claustro plateresco - Medallones 06.jpg
出生 1396年
Estandarte del Reino de Castilla.svg カスティーリャ王国
死去 1445年2月18日
Estandarte del Reino de Castilla.svg カスティーリャ王国ビジャカスティン
埋葬  
Estandarte del Reino de Castilla.svg カスティーリャ王国サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院
配偶者 カスティーリャフアン2世
子女 カタリナ
レオノール
エンリケ4世
マリア
父親 アラゴンフェルナンド1世
母親 レオノール・デ・アルブルケルケ
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

マリア・デ・アラゴン(María de Aragón, 1396年 - 1445年2月18日)は、カスティーリャフアン2世の最初の妃。父はアラゴンフェルナンド1世、母は王妃レオノール・デ・アルブルケルケ。兄にアラゴン王兼ナポリアルフォンソ5世、弟にアラゴン王兼ナバラフアン2世、ビリェーナ公エンリケ、妹にポルトガルドゥアルテ1世レオノールがいる。父フェルナンドは元はカスティーリャ王子であり、マリアもカスティーリャで生まれた。

1418年に従弟であるフアン2世と結婚した。なお、1415年にマリアの兄アルフォンソ5世と夫の長姉マリアが、1420年にマリアの次弟エンリケと夫の次姉カタリナが結婚している。

2人の間には1男3女が生まれたが、息子エンリケ4世以外の娘3人は夭逝した。

  • カタリナ(1422年 - 1424年)
  • レオノール(1423年 - 1425年)
  • エンリケ4世(1425年 - 1474年)
  • マリア(1428年 - 1429年)

マリアが1445年に死去した後、夫はポルトガル王族のイサベルと再婚し、後の女王イサベル1世アストゥリアス公アルフォンソをもうけた。