マリア・デ・カスティーリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリア・デ・カスティーリャ
María de Castilla
アラゴン王妃
Marie Kastilie.jpg
出生 1401年9月1日
Estandarte del Reino de Castilla.svg カスティーリャ王国セゴビア
死去 1458年10月4日
バレンシア
埋葬  
バレンシア、後にナポリのサンタンナ・デイ・ロンバルディ聖堂
配偶者 アラゴンアルフォンソ5世
父親 カスティーリャエンリケ3世
母親 カタリナ・デ・ランカステル
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

マリア・デ・カスティーリャ(María de Castilla, 1401年9月1日 - 1458年10月4日)は、アラゴンナポリアルフォンソ5世の王妃。カスティーリャエンリケ3世と王妃カタリナの娘。

1415年に従兄であるアルフォンソと結婚し、翌1416年の夫の王位継承により王妃となった。2人の間に子供は生まれなかった。なお、1418年にマリアの弟フアン2世とアルフォンソ5世の妹マリアが、1420年にマリアの妹カタリナとアルフォンソ5世の弟エンリケが結婚している[1]

アルフォンソ5世はアラゴン王位と共にバルセロナ、およびバレンシアシチリアの王位を継承していたが、ナポリ王位を争って1442年に獲得した。アルフォンソ5世はたびたび出征を重ねた後、ナポリ王国の征服後はナポリに宮廷を構えてアラゴンやカタルーニャへは戻らなかった。そのため、マリアは夫に代わって摂政としてアラゴン・カタルーニャを治めた。しかし、義弟フアン(後のアラゴン王フアン2世)が実家カスティーリャへ軍事介入したり、アラゴンがナポリへ財政支援を行った影響で窮乏、都市と農村で貴族と職人、役人と農民の対立が深刻化した。国内の問題を抑えきれないマリアはナポリの夫へ手紙を送り、何度もアラゴンへの帰国を嘆願したが却下された[2]

1458年、夫の死から3か月余り後にバレンシアで死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 田澤、P189 - P190、西川、P194、P204、P208。
  2. ^ 田澤、P190、関、P242。

参考文献[編集]

先代:
エンリケ3世
アストゥリアス女公
1402年 - 1405年
次代:
フアン2世