ブランカ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブランカ2世
Blanca II
トラスタマラ家
Blanca II de Navarra.jpg
ブランカ2世
称号 アストゥリアス公
出生 (1424-12-02) 1424年12月2日
Bandera Navarra.svg ナバラ王国オリテ、オリテ王宮
死去 (1464-12-02) 1464年12月2日(40歳没)
Bandera Navarra.svg ナバラ王国オルテズ
埋葬  
Bandera Navarra.svg ナバラ王国、レスカール、レスカール大聖堂
配偶者 エンリケ・デ・カスティーリャ
父親 アラゴン王フアン2世
母親 ナバラ女王ブランカ1世
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

ブランカ2世アラゴン語: Blanca II, 1424年6月9日 - 1464年12月2日)は、ナバラおよびアラゴン王女アラゴン王フアン2世ナバラ女王ブランカ1世の次女。ビアナ公カルロスの同母妹、ナバラ女王レオノールの同母姉、アラゴン王兼カスティーリャフェルナンド2世の異母姉。

生涯[編集]

1440年又従兄かつ従兄に当たるカスティーリャ王子アストゥリアス公エンリケ(後のエンリケ4世)と結婚した。しかし、エンリケはブランカと一切肉体関係を持とうとせず、1453年ローマ教皇ニコラウス5世の承認を取りつけた上で離婚した(翌1454年にカスティーリャ王に即位、1455年に自身とブランカの従妹に当たるフアナと再婚)。ブランカは処女のまま実家に帰され、父フアン2世によってモンカダ塔に監禁された。

父は母との結婚によってナバラ王位に就いていたが、母が1441年に死去した後は、2人の間の子供が王位を継承する取り決めになっていたにもかかわらず、ナバラ王位を手放さなかった。これを不当とする人々が、ブランカの兄カルロスをナバラ王(カルロス4世)に推し立てて内戦となったが、カルロスは王位を得られないまま1461年に死去した。カルロスの支持者は彼が相続人に指名したブランカをナバラ女王ブランカ2世と呼んだが、ブランカは1464年に謎の死を遂げた(父に毒殺されたとする見方もある)。ブランカ2世の支持者は後継者に同母妹のレオノールを推した。