ジャン1世 (フランス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン1世
Jean I
フランス国王
ナバラ王
John I of France.jpg
在位 1316年11月15日 - 11月19日
出生 1316年11月15日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死去 1316年11月19日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
埋葬  
サン=ドニ大聖堂
王家 カペー家
王朝 カペー朝
父親 ルイ10世
母親 クレマンス・ド・オングリー
テンプレートを表示

ジャン1世遺児王フランス語: Jean Ier le Posthume1316年11月15日 - 1316年11月19日)は、フランスカペー朝の第13代国王(在位:1316年6月5日 - 11月19日)。ナバラを兼ねた(フアン1世)。第12代国王ルイ10世と2度目の王妃クレマンス・ド・オングリーの子。父の死後に生まれたため、Le Posthume(ル・ポスチュム、遺児王)と呼ばれる。

生涯[編集]

1316年6月5日に父ルイ10世は死去した時、ルイ10世には娘ジャンヌしかいなかった。しかし、二度目の王妃クレマンスが懐妊中であり、ルイ10世の弟フィリップが摂政となり出産を待つこととなった[1]。11月15日、男子ジャンが生まれ、ジャンは出生と同時に後を継いで国王に即位したが、生後1週間もたたずに死去した[2]。このため、王弟フィリップがフィリップ5世として王位を継ぐこととなった。

ジャン1世の葬式。

中世ヨーロッパの乳幼児死亡率は高く、ジャン1世の死因の可能性は多いが、毒殺の噂がジャン1世の死の直後に広まった(そのうち1つは、おばに針で刺殺されたというものである)[3]。というのも、ジャン1世の死で利益を得る人は多く、ジャン1世の父ルイ10世がジュ・ド・ポームの後に急死という疑わしい状況だったことからうわさが広まった。現代でもジャン1世の死因は知られていない[4]

当時フランス王の一人として扱われず、後世の歴史家や年代記作家がジャン2世と数えたことから現代ではフランス王であることが認められている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤、p. 230
  2. ^ 佐藤、p. 231
  3. ^ "Magnificent Monarchs" (Fact Attack series) p. 23 by Ian Locke; published by MacMillan in 1999; 978-0330-374965
  4. ^ Histoire et secrets. “Histoire et Secrets - découvrir l'histoire de France et du monde - Jean Ier : un règne de quatre jours” (fr). histoire-et-secrets.com. 2017年6月25日閲覧。
  5. ^ Giesey, Ralph E. (2007). Le rôle méconnu de la Loi Salique: La succession royale, XIVe-XVIe siècles. Paris: Les Belles Lettres. 

参考文献[編集]

  • 佐藤賢一 『ヴァロワ朝 フランス王朝史 2』 講談社現代新書、2014年。