カルロス (ビアナ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カルロス
Carlos
トラスタマラ家
Princep carles de viana.jpg
ビアナ公カルロス
称号
出生 (1421-05-29) 1421年5月29日
Flag of Castile.svg カスティーリャ王国ペニャフィエル
死去 (1461-09-23) 1461年9月23日(40歳没)
Flag of Catalonia.svg カタルーニャ君主国バルセロナ
配偶者 イネス・デ・クレベリス
父親 アラゴン王フアン2世
母親 ナバラ女王ブランカ1世
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

カルロス・デ・ビアナアラゴン語: Carlos de Viana, 1421年5月29日 - 1461年9月23日)は、ナバラおよびアラゴン王子。ナバラ王位継承者としてビアナ公の、アラゴン王位継承者としてジローナ公英語版の称号を授けられていた。アラゴン王フアン2世ナバラ女王ブランカ1世の長男でナバラ王位請求者ブランカ2世とナバラ女王レオノールの同母兄、アラゴン王兼カスティーリャフェルナンド2世の異母兄。

生涯[編集]

1423年に母方の祖父に当たるカルロス3世からビアナ公に叙され、ナバラ王位継承者に指名された。1439年クレーフェ公アグネス英語版と結婚したが、子供は得られなかった[1]。1441年の母ブランカ1世の死後にナバラ王位を巡って父と対立し、内乱となった(ナバーラ内戦)。支持者から「ナバラ王カルロス4世」(アラゴン語: Carlos IV)と呼ばれた。

母は遺言でカルロスへ王位を譲ることを決めたが、父の同意が必要とも書いていたため、父が遺言に従わず王位をカルロスへ譲らず自ら独占、1444年に父がフアナ・エンリケスと再婚したこともあって父との関係が悪化した。これに父と対立するナバラ貴族が味方したため、カルロスは父に対し挙兵したが敗れて投獄、脱走して伯父のアラゴン王兼ナポリアルフォンソ5世の下へ逃れた[2]

1458年に伯父が亡くなり父がアラゴン王も継ぐとシチリアへ移住、1460年に父から和睦の誘いがあり応じたが、カルロスがカスティーリャへ内通していたことが発覚、和睦は取り消されカルロスは再び投獄された。父に反発していたカタルーニャが抗議したため1461年に釈放されバルセロナで市民に歓迎されたが、同年に王位の継承を果たせずに死去した。肺結核が死因だったが、継母に毒殺されたとの噂も流れていた[3][4]

宮廷育ちだったため知的で真面目な性格で、音楽と文芸に親しみアリストテレスの著作をカスティーリャ語に訳したり、投獄されている間に歴代ナバラ王の年代記を書いたりしている。反面優柔不断でもあり、貴族やカタルーニャに旗頭として利用され、父への反抗を繰り返し不遇な生涯を送った[5][4]

脚注[編集]

  1. ^ バード、P126 - P127。
  2. ^ バード、P127 - P129、田澤、P194 - P195、関、P243、西川、P220 - P222。
  3. ^ バード、P129、田澤、P195 - P198、関、P243 - P244。
  4. ^ a b 西川、P222。
  5. ^ 田澤、P196。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
アルフォンソ
ジローナ公
1458年 - 1461年
次代:
フェルナンド