ルイ10世 (フランス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイ10世
Louis X
フランス王・ナバラ王
Louis X Le Hutin.jpg
在位 1314年11月29日 - 1316年6月5日
戴冠 1315年8月24日
出生 1289年10月4日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死去 1316年6月5日(26歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ヴァンセンヌ
埋葬  
サン=ドニ大聖堂
配偶者 マルグリット・ド・ブルゴーニュ
  クレマンス・ド・オングリー
子女 一覧参照
王家 カペー家
王朝 カペー朝
父親 フィリップ4世
母親 ナバラ女王フアナ1世
テンプレートを表示

ルイ10世(Louis X, 1289年10月4日 - 1316年6月5日)は、フランス(在位:1314年 - 1316年6月5日)およびナバラルイス1世、在位:1305年 - 1316年)。フランス王フィリップ4世とその妃であるナバラ女王フアナ(ジャンヌ)1世の長男。フィリップ5世シャルル4世の兄。その治世の中、諸外国との争いに明け暮れたため、強情王または喧嘩王とあだ名される。

生涯[ソースを編集]

ルイ10世の短い治世の中、フランスとブルゴーニュ公国イングランドとの争いが絶えなかった。王はフランス王軍をブルゴーニュとの境界に動員し、穀物などの禁輸を命じたが、効果を挙げられなかった。

1316年、ジュ・ド・ポームの後、冷たいワインの飲みすぎで胸膜炎肺炎になり、ほどなく死亡した。王妃クレマンス・ド・オングリーは妊娠中だったため、子が生まれるまで王弟フィリップ5世摂政を務めた。ルイ10世の死から5ヵ月後、生まれた子供は男子でジャン1世として即位したが、一週間たたずに夭逝し、フィリップ5世が王位を継承した。

逸話[ソースを編集]

子女[ソースを編集]

最初の王妃マルグリット・ド・ブルゴーニュ(1290年 - 1315年、1305年結婚)との子供

2番目の王妃クレマンス・ド・オングリー(1293年 - 1328年、1315年結婚)との子供

脚註[ソースを編集]

[ヘルプ]

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]


先代:
ジャンヌ
シャンパーニュ伯
1305年 - 1314年
次代:
(王領に編入)