サンチョ6世 (ナバラ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンチョ6世
Sancho VI
ナバラ王
Villava 01.jpg
在位 1150年 - 1194年
出生 1133年
死去 1194年6月27日
パンプローナ
配偶者 サンチャ・デ・カスティーリャ
子女 一覧参照
王家 ヒメノ家
王朝 ヒメノ朝
父親 ガルシア6世
母親 マルガリータ・デ・ライグレ
テンプレートを表示

サンチョ6世スペイン語Sancho VI, 1133年頃 - 1194年6月27日)は、ナバラ王国国王(在位:1150年 - 1194年)。「賢王」(el Sabio)あるいはサンチョ・ガルセスSancho Garces)とも呼ばれる。ガルシア6世と王妃マルガリータ(Margarita de l'Aigle)の息子。

生涯[編集]

1150年に父の後を嗣いで王位に即いた。サンチョ6世は、称号から「パンプローナの」を除いて単に「ナバラ王」を名乗るようになった。1180年ギプスコアの港町サン・セバスティアンフエロ(特権)を与え、海運・通商を法制化して発展を図った。ナバラはサン・セバスティアンに見られるようにフエロによる都市化が進んだ[1]

また彼の治世はアラゴン王国カスティーリャ王国との対立で占められた。1168年にアラゴン王アルフォンソ2世と密約を交わし、バレンシア王兼ムルシアイブン・マルダニーシュスペイン語版(通称ローボ王)の領土分割を画策して侵攻したこともあったが[2]1164年に妻の甥に当たる幼少のカスティーリャ王アルフォンソ8世に狙いをつけ、レオンフェルナンド2世と結託して東のラ・リオハへ侵入すると、1173年にアラゴン・イングランドヘンリー2世の協力を取り付けたアルフォンソ8世に反撃され、同年にカスティーリャが有利になる形で和睦した[3]

しかし、1190年にカスティーリャに反発したアルフォンソ2世と同盟を結び、翌1191年ポルトガルサンシュ1世・レオン王アルフォンソ9世を加えた反カスティーリャ同盟を成立させた[4]。また同年、カスティーリャへの対抗から隣接するアキテーヌ公も兼ねていたイングランド王リチャード1世と娘のベレンガリアを結婚させ、リチャード1世からバス=ナヴァール(現在のフランス領バスク)を与えられた[5]

サンチョ6世は1194年6月27日にパンプローナで死去し、長子サンチョ7世が王位を嗣いだ。

子女[編集]

1157年にカスティーリャ王アルフォンソ7世の王女サンチャと結婚し、以下の子女をもうけた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バード、P67、P82。
  2. ^ ローマックス、P155
  3. ^ 芝、P128 - P129、西川、P135 - P136。
  4. ^ 芝、P130、西川、P137。
  5. ^ バード、P67 - P68。

参考文献[編集]

関連項目[編集]