フランシスコ1世 (ナバラ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランシスコ1世
Francisco I
ナバラ王
Francisco I de Navarra.jpg
在位 1479年 - 1483年
戴冠 1481年パンプローナ
出生 1467年12月4日
死去 1483年1月7日
ポー
配偶者 フアン3世
子女 エンリケ2世
王家 フォワ家
父親 ビアナ公ガストン・ド・フォワ
母親 マドレーヌ・ド・フランス
テンプレートを表示

フランシスコ1世(Francisco I de Foix, 1467年12月4日 - 1483年1月7日)はナバラ(在位:1479年 - 1483年)およびフォワ伯(在位:1472年 - 1483年)。フランシスコ・フェボ(Francisco Febo)とも呼ばれる[1]フランス語名はフランソワ・フェビュス(François Phébus または Fébus)。

生涯[編集]

父はフォワ伯ガストン4世とナバラ女王レオノールの長男であるビアナ公ガストン・ド・フォワ。母はフランス王シャルル7世の娘マドレーヌ。父が早世したため、祖父の死後にフォワ伯を、祖母の死後にナバラ王を継承したが、幼年のため母マドレーヌが摂政を務めた[1]。成人せずに早世したため[2]、妹カタリナ(カトリーヌ)が継承者となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b バード、p. 130
  2. ^ 結核、あるいは毒殺ともいわれる(バード、p. 131)。

参考文献[編集]

  • レイチェル・バード 『ナバラ王国の歴史』 彩流社、1995年

関連項目[編集]