アルフォンソ1世 (アラゴン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルフォンソ1世
Alfonso I
アラゴン王
ナバラ王
Alfonso I de Aragón por Pradilla (1879).jpg
在位 1104年 - 1134年
出生 1073/74年
死去 1134年9月8日
配偶者 カスティーリャ女王ウラカ
王家 ヒメノ家
王朝 ヒメノ朝
父親 サンチョ1世
母親 フェリシー・ド・ルシー
テンプレートを表示

アルフォンソ1世(Alfonso I, 1073年または1074年 - 1134年9月8日)は、アラゴンおよびナバラ(在位:1104年 - 1134年)。サンチョ・ラミレスの次男。29の戦いに勝利したことから、武人王(el Batallador)といわれる[1]

生涯[編集]

ペドロ1世に男子がなかったため、王位を継承した。アルフォンソは1118年12月にサラゴサを征服した[2]。アルフォンソはフラーガを包囲中に、バレンシア総督イブン・ガーニャの待ち伏せにより死亡した[3]

1109年にカスティーリャ女王ウラカと結婚したが、1111年に離婚した[4]。2人の間に子供はなかった。アルフォンソ1世は自らの死後、王国をテンプル騎士団などの諸騎士団に遺贈する遺言状を作成したが、アラゴン貴族は、ロダ=バルバストロ司教であった弟ラミロを還俗させアラゴン王ラミロ2世とした[5]。一方、ナバラにおいては、ナバラ貴族がガルシア5世の曾孫ガルシア6世をナバラ王位に就け[5]、アラゴンとナバラの同君連合が解消された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ローマックス、p. 112
  2. ^ 関 他、付録p. 32
  3. ^ ローマックス、p. 117
  4. ^ Louda & Maclagan, p. 92
  5. ^ a b 関 他、p. 212

参考文献[編集]

  • D・W・ローマックス 『レコンキスタ』 刀水書房、1996年
  • 関哲行 他 『世界歴史大系 スペイン史 1』 山川出版社、2008年
  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.

関連項目[編集]

先代:
ペドロ1世
アラゴン王
1104年 - 1134年
次代:
ラミロ2世
先代:
ペドロ1世
ナバラ王
1104年 - 1134年
次代:
ガルシア6世