ペトロニラ (アラゴン女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペトロニラ
Petronila
アラゴン女王
Berenguer IV i Peronella d'Aragó.jpg
ペトロニラとラモン・バランゲー4世
在位 1137年/1157年 - 1164年7月18日

バルセロナ伯妃

出生 1136年6月29日
死去 1173年10月15日
バルセロナ
埋葬 サンタ・エウラリア大聖堂
配偶者 バルセロナ伯ラモン・バランゲー4世
子女 ペドロ
アルフォンソ2世
ラモン・ベレンゲル
ドゥルセ
サンチョ
王家 ヒメノ家
王朝 ヒメノ朝
父親 ラミロ2世
母親 イネス・デ・ポイトウ
テンプレートを表示

ペトロニラアラゴン語Peironela d'Aragón ペイロネーラ、カタルーニャ語Peronella d'Aragó パルネーリャ、1136年6月29日 - 1173年10月15日)は、アラゴン女王(在位:1137年 - 1162年)。ラミロ2世の娘。母はアキテーヌ公ギヨーム9世の娘アニェス(イネス)。ペトロニラ(Petronila de Aragón)はカスティーリャ語名。アラゴン系ヒメネス家最後の君主である。

生涯[編集]

男子のないラミロ2世が1137年に退位した後、1歳で王位を継承した。あわせてバルセロナ伯ラモン・バランゲー4世と婚約し、ラモン・バランゲー4世はアラゴン公(Princeps de Aragón、アラゴンのプリンケプス)を称した。アラゴンの統治は実質的にラモン・バランゲー4世に委ねられ、アラゴン連合王国が成立した。

1150年にラモン・バランゲー4世とペトロニラは正式に結婚し、5子をもうけた。

  • ペドロ(1152年 - 1164年?) - サルダーニャ伯、早世
  • アルフォンソ2世(1157年 - 1196年) - アラゴン王
  • ラモン・ベレンゲル(レーモン・ベランジェ3世)(1158年 -1181年) - プロヴァンス伯(1173年 - 1181年)
  • ドゥルセ(1160年 - 1198年) - 1174年にポルトガル王サンシュ1世と結婚。
  • サンチョ(サンシュ)(1161年? -1223年) - プロヴァンス伯(1181年 - 1185年)、ルシヨン伯、サルダーニャ伯

1162年に夫ラモン・バランゲー4世が死去したのち、ペトロニラは1164年7月18日に7歳の次男アルフォンソにアラゴン王位を譲り、退位した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]