フアン1世 (アラゴン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フアン1世 / ジュアン1世
Juan I / Joan I
アラゴン王
マヨルカ王
Chuan I d'Aragón.jpg
在位 1387年 - 1396年
出生 1350年12月27日
死去 1396年5月19日
配偶者 マルタ
  ビオランテ
子女 一覧参照
王家 バルセロナ家
王朝 バルセロナ朝
父親 ペドロ4世
母親 レオノール・デ・シシリア
テンプレートを表示

フアン1世西:Juan I, 1350年12月27日 - 1396年5月19日)は、アラゴンバレンシア王、およびバルセロナ伯(在位:1387年 - 1396年)。カタルーニャ語名ではジュアン1世(Joan I)。ペドロ4世と3番目の王妃レオノール・デ・シシリアシチリアピエトロ2世の娘)の間の長男。狩人王不真面目王と呼ばれる[1]

生涯[編集]

父ペドロ4世と仲が悪く、自身の結婚および父の再婚で対立した[2]。芸能を愛好し、文化の振興に貢献したが、政治面では妃ビオランテとその寵臣らが牛耳るのにまかせ、結果として家臣らの不満が増大し、浪費により王室は財政難に陥った[3]。1396年、狩りの最中に死去したが、財政難のため王にふさわしい棺をつくることができなかったという[4]。2人の妻との間にもうけた男子は全て夭逝していたため、王位は弟マルティン1世が継承した。

子女[編集]

最初の妃、アルマニャック伯ジャン1世の娘マルタ(1347年 - 1378年)との間には5人の子女をもうけた。

  • ハイメ(1374年)
  • フアナ(1375年 - 1407年) - 1392年、フォワ伯マチューと結婚
  • フアン(1376年)
  • アルフォンソ(1377年)
  • レオノール(1378年)

2番目の妃、バル公ロベール1世の娘ビオランテ(1365年 - 1431年)との間には7人の子女をもうけた。

  • ハイメ(1382年 - 1388年)
  • ビオランテ(1384年 - 1442年) - 1400年、アンジュー公ルイ2世と結婚
  • フェルナンド(1389年)
  • アントニア(1391年 - 1392年)
  • レオノール(1393年)
  • ペドロ(1394年)
  • フアナ(1396年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 田澤、pp. 172 - 173
  2. ^ 田澤、p. 173
  3. ^ 田澤、pp. 173 - 174
  4. ^ 田澤、p. 174

参考文献[編集]

  • 田澤耕 『物語 カタルーニャの歴史』 中央公論新社、2000年

関連項目[編集]

先代:
ペドロ4世
アラゴン王
バルセロナ伯
バレンシア王
マヨルカ王
1387年 - 1396年
次代:
マルティン1世
先代:
創設
ジローナ公
1351年 - 1387年
次代:
ハイメ(フアン1世の長男)