ペドロ2世 (アラゴン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペドロ2世 / ペラ2世
Pedro II / Pere II
アラゴン王
Pietro II d'Aragón.jpg
在位 1196年 - 1213年
出生 1174年
ウエスカ
死去 1213年9月12日
ミュレ
配偶者 マリア・デ・モンペリエ
子女 ハイメ1世
王家 バルセロナ家
王朝 バルセロナ朝
父親 アルフォンソ2世
母親 サンチャ・デ・カスティーリャ
テンプレートを表示

ペドロ2世西:Pedro II, 1174年 - 1213年9月12日)は、アラゴン王およびバルセロナ伯(在位:1196年 - 1213年)。アルフォンソ2世と王妃サンチャ(カスティーリャ王アルフォンソ7世と王妃リキルダの娘)の子。カトリック王(el Católico)と呼ばれる。カタルーニャ語名ではペラ2世(Pere II, バルセロナ伯としては1世)。

生涯[編集]

1212年、カスティーリャ王アルフォンソ8世ナバラサンチョ7世と共にナバス・デ・トロサの戦いに参戦、ムワッヒド朝アミールムハンマド・ナースィルを打ち破った[1]

フランス南部の領土をめぐってフランスの諸侯と対立し、シモン・ド・モンフォールに息子ハイメ(妃マリア・デ・モンペリエとの間の一人息子、後のハイメ1世)を差し出すことで戦争を回避しようとしたが、結局はアルビジョア十字軍と正面対決することになる[2]。1213年、トゥールーズ郊外ミュレの戦いにおいて戦死した[3]。自ら先陣を切って敵軍に突撃したと伝えられる[3]

子女[編集]

1204年にモンペリエ領主ギレム8世の娘で女子相続人のマリア・デ・モンペリエと結婚した[4]。マリアの母はビザンツ皇女エウドキア(マヌエル1世の姪)であり、マリアはこの結婚の前に2度の離婚歴があった[5]。1男をもうけた。

  • ハイメ1世(1208年 - 1276年) - アラゴン王(1213年 - 1276年)

脚注[編集]

  1. ^ 田澤、p. 55
  2. ^ 田澤、p. 62
  3. ^ a b 田澤、p. 64
  4. ^ 関 他、p. 214
  5. ^ 田澤、p. 66

参考文献[編集]

  • 田澤耕『物語カタルーニャの歴史』中公新書、2000年 ISBN 4-12-101564-9
  • 尾崎明夫、ビセント・バイダル 訳・解説 『征服王ジャウメ1世勲功録 レコンキスタ軍記を読む』 京都大学学術出版会、2010年
  • 関哲行 他 『世界歴史大系 スペイン史 1』 山川出版社、2008年
先代:
アルフォンソ2世
アラゴン王
バルセロナ伯
1196年 - 1213年
次代:
ハイメ1世