ペドロ2世 (アラゴン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペドロ2世 / ペラ2世
Pedro II / Pere II
アラゴン王
Pietro II d'Aragón.jpg
在位 1196年 - 1213年

出生 1174年7月
Siñal d'Aragón.svg アラゴン王国ウエスカ
死去 1213年9月12日(39歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ミュレ
埋葬 Siñal d'Aragón.svg アラゴン王国、シヘーナ修道院
配偶者 マリア・デ・モンペリエ
子女 ハイメ1世
王家 バルセロナ家
王朝 バルセロナ朝
父親 アルフォンソ2世
母親 サンチャ・デ・カスティーリャ
テンプレートを表示

ペドロ2世西:Pedro II, 1174年7月 - 1213年9月12日)は、アラゴンおよびバルセロナ(在位:1196年 - 1213年)。アルフォンソ2世と王妃サンチャ(カスティーリャアルフォンソ7世と王妃リキルダの娘)の子。ローマ教皇に戴冠してもらったことからカトリック王(el Católico)と呼ばれる[1]カタルーニャ語名ではペラ2世(Pere II, バルセロナ伯としては1世)。

生涯[編集]

1196年に即位した時、母方の従兄で父の盟友だったカスティーリャ王アルフォンソ8世レオンアルフォンソ9世ナバラサンチョ7世に東西から挟撃され苦境に立たされていた。前年にムワッヒド朝アラルコスの戦いで大敗したことが背景にあったが、ナバラと国境紛争を抱えるペドロ2世はアルフォンソ8世を支援、1198年にアルフォンソ8世と共にナバラへ侵攻、サンチョ7世をカスティーリャに屈服させた。1209年、対ムワッヒド朝へ十字軍結成を考える教皇インノケンティウス3世の仲裁でサンチョ7世と和睦した[2]

1210年からレコンキスタに力を入れ、バレンシアの国境要塞をいくつか奪い、翌1211年にアルフォンソ8世と会見してムワッヒド朝に対するカスティーリャへ協力を約束、1212年にアルフォンソ8世、サンチョ7世と共にナバス・デ・トロサの戦いに参戦、ムワッヒド朝アミールムハンマド・ナースィルを打ち破った[3]

しかし、フランス南部の領土をめぐってフランスの諸侯と対立し、シモン・ド・モンフォールに息子ハイメ(妃マリア・デ・モンペリエとの間の一人息子、後のハイメ1世)を差し出すことで戦争を回避しようとしたが、結局はアルビジョア十字軍と正面対決することになる(カタリ派に荷担したとされ教皇より破門もされている[4])。1213年、トゥールーズ郊外ミュレの戦いにおいて戦死した[5]。無謀にも自ら先陣を切って敵軍に突撃したと伝えられ、後に曾孫のハイメ2世は「狂気の沙汰だ」と記している[6]。母が埋葬されているシヘーナ修道院 (en) に埋葬されたが、異端としてその場所は墓地エリア外とされた[4]。1217年2月、代替わりした教皇ホノリウス3世により遺骸は修道院内に移葬された[7]。その場所は母の棺のとなりであった[7]

子女[編集]

1204年にモンペリエ領主ギレム8世の娘で女子相続人のマリア・デ・モンペリエと結婚した[8]。マリアの母はビザンツ皇女エウドキア(マヌエル1世の姪)であり、マリアはこの結婚の前に2度の離婚歴があった[9]。1男をもうけた。

  • ハイメ1世(1208年 - 1276年) - アラゴン王(1213年 - 1276年)

脚注[編集]

  1. ^ 田澤、P62。
  2. ^ ローマックス、P165、芝、P132 - P134。
  3. ^ ローマックス、P171 - P174、芝、P137 - P138、田澤、P55、関、P154。
  4. ^ a b 浅野、P179。
  5. ^ 田澤、P62 - P64、芝、P144、関、P214 - P215、尾崎、P11 - P14。
  6. ^ 田澤、P64。
  7. ^ a b La documentación pontificia de Honorio III (1216-1227), hrsg. von Demetrio Mansilla (1965), Nr. 34, S. 28.
  8. ^ 関、P214。
  9. ^ 田澤、P66、尾崎、P8。

参考文献[編集]

先代:
アルフォンソ2世
アラゴン王
バルセロナ伯
1196年 - 1213年
次代:
ハイメ1世