ルイ2世・ダンジュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイージ2世
Luigi II
ナポリ王
15th-century unknown painters - Louis II of Anjou - WGA23561.jpg
在位 ナポリ1389年 - 1399年
別号 アンジュー公:1384年 - 1417年
出生 1377年10月5日
死去 (1417-04-29) 1417年4月29日(39歳没)
配偶者 ヨランド・ダラゴン
子女 ルイ3世
マリー
ルネ
ヨランド
シャルル
王家 ヴァロワ=アンジュー家
父親 アンジュー公ルイ1世
母親 マリー・ド・ブロワ
テンプレートを表示

ルイ2世・ダンジュー(Louis II d'Anjou, 1377年10月5日 - 1417年4月29日)は、ナポリラディズラーオ1世対立王イタリア語名ではルイージ2世・ダンジョ(Luigi II d'Angiò)。ルイ1世・ダンジューとマリー・ド・ブロワの子で、アンジュープロヴァンス

生涯[編集]

父はナポリ王位を主張してカルロ3世と争ったが、ルイ2世も同じくナポリ王位を主張、1389年アヴィニョン対立教皇クレメンス7世によって載冠を受け、カルロ3世の子ラディズラーオを追放してナポリを占領した。しかし、1399年にラディズラーオにナポリを奪還された[1]

一方、フランスでは従兄の国王シャルル6世が発狂、政権を巡りシャルル6世の弟オルレアン公ルイと従兄のブルゴーニュジャン1世(無怖公)が対立、1407年にオルレアン公が無怖公に暗殺され、翌1408年に無怖公が事件の自己弁護に務めた集会に出席した。翌1409年の無怖公とオルレアン公の遺児シャルル・ド・ヴァロワの和解式にも立ち会ったが、あまりフランスの政争に関わっていなかった[2]

フランスよりナポリへ目を向け、1度挫折したナポリ王位をなおも諦めず、1409年にラディズラーオがピサの対立教皇アレクサンデル5世と対立して破門されると、代わりにナポリ王に推されフィレンツェシエーナと手を組んでローマを占領していたラディズラーオを追い出した。1411年ヨハネス23世を擁立しローマを占拠したが、1413年にラディズラーオに反撃されヨハネス23世は逃亡、ナポリ王位獲得は失敗に終わった[3]

以後は妻ヨランド・ダラゴンの勧めでアンジューの経営に専念、1413年にヨランドが娘マリーをシャルル王太子(後のシャルル7世)と婚約させたことでフランス宮廷に近付いたが、1417年に死去[4]。長男のルイ3世がアンジュー公位を継承したが、彼と次男ルネもまたナポリの争乱に関わることになる。

子女[編集]

アラゴンフアン1世とルイ2世の従姉にあたる王妃ビオランテ(ヨランド)の娘ヨランド・ダラゴンアルル1400年に結婚した。2人の間の成人した子供は次の通り。

脚注[編集]

  1. ^ 北原、P213 - P214、瀬原、P232。
  2. ^ 清水、P82 - P85。
  3. ^ スチュアート、P183、瀬原、P242、P248。
  4. ^ 清水、P102 - P103。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
ルイ1世
アンジュー公
プロヴァンス伯
1384年 - 1417年
次代:
ルイ3世
先代:
ラディズラーオ1世
ナポリ王
1389年 - 1399年
(1384年 - 1417年)
次代:
ラディズラーオ1世