シャルル8世 (フランス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャルル8世
Charles VIII
フランス王
Charles VIII de france.jpg
在位 1483年 - 1498年
戴冠 1361年8月15日ノートルダム大聖堂ランス
出生 1470年6月30日
Pavillon royal de la France.svg フランス王国アンボワーズ城
死去 1498年4月7日
Pavillon royal de la France.svg フランス王国アンボワーズ城
埋葬 1498年5月11日
Pavillon royal de la France.svg フランス王国サン=ドニ大聖堂
配偶者 アンヌ・ド・ブルターニュ
子女 シャルル=オルラン
王家 France moderne.svg ヴァロワ家
王朝 ヴァロワ朝
父親 ルイ11世
母親 シャルロット・ド・サヴォワ
テンプレートを表示

シャルル8世Charles VIII, 1470年6月30日 - 1498年4月7日)は、ヴァロワ朝第7代のフランス(在位:1483年 - 1498年)。温厚王(l'Affable)と呼ばれた。イタリア戦争を始めたフランス王として知られる。

生涯[編集]

フランス王ルイ11世シャルロット・ド・サヴォワの息子として1470年にアンボワーズ城で生まれた[1]。兄はいたがいずれも夭逝しており、1483年8月30日父王の死去により13歳で即位、姉アンヌ・ド・ボージュー、義兄ブルボン公ピエール2世夫妻の摂政下に置かれた[2]

シャルル8世は当初ハプスブルク家ローマ王(のちの神聖ローマ皇帝マクシミリアンの娘マルグリットと婚約していた。マルグリットは、誘拐同然にフランスへ送られてアンヌ・ド・ボージューの下で養育され、シャルル8世と幼くして形式的な結婚をした。一方、マクシミリアンはマルグリットの母で最初の妃であるマリー・ド・ブルゴーニュをすでに亡くしており、ブルターニュ公国の継承権を持つアンヌ・ド・ブルターニュと婚約していた。しかし、シャルル8世はマルグリットとの結婚を解消し、1491年12月6日にアンヌと政略結婚した[3]。しかも元の妃マルグリットを、マクシミリアンが武力に訴えるまで返さなかった。

アンヌ・ド・ブルターニュとの結婚以後自立するようになり、1494年16世紀前半のヨーロッパ史上重大な影響を与えることになるイタリア戦争を開始した。ナポリ王国の継承権を主張するシャルルは、フランス軍を率いてイタリア半島を南下した。彼はローマを経て1495年2月22日ナポリに入城し、戴冠してナポリ王となった[4]

しかし、フランスのイタリア介入を嫌うヴェネツィア共和国ローマ教皇アレクサンデル6世ミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァらの同盟軍に包囲され、多大の損害を出してフランスに逃げ帰った[5]。このイタリア遠征の失敗によってフランスは莫大な負債を抱えることになる。1498年にうっかり鴨居に頭を打ちつける事故を起こし、間もなく死亡した[5]。遺体はサン=ドニ大聖堂に、心臓はクレリ大聖堂フランス語版に埋葬された。

シャルル8世は王妃アンヌとの間に3男1女をもうけたが、長男のシャルル=オルランを含めいずれも夭逝しており、シャルル8世の死によってヴァロワ家の本流は断絶した。そのため、サリカ法によって、シャルル5世の曾孫、父ルイ11世の又従弟に当たる、傍系ヴァロワ=オルレアン家のオルレアン公ルイ2世がルイ12世として王位を継いだ。

子女[編集]

アンヌ・ド・ブルターニュとの間に以下の子女をもうけたが、いずれも早世した。

  • シャルル=オルラン(1492年 - 1495年)
  • シャルル(1496年9月8日 - 10月2日)
  • フランソワ(1497年)
  • アンヌ(1498年)

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤、p. 192
  2. ^ 佐藤、p. 193
  3. ^ 佐藤、p. 199
  4. ^ 佐藤、p. 204
  5. ^ a b 佐藤、p. 206

参考文献[編集]

  • 佐藤賢一 『ヴァロワ朝 フランス王朝史2』 講談社現代新書、2014年
先代:
フランソワ(シャルル8世の兄)
フランスのドーファン
1470年 - 1483年
次代:
シャルル=オルラン