シャルル4世・ダンジュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メーヌ伯シャルル4世・ダンジュー

シャルル4世・ダンジュー(Charles IV d'Anjou, 1414年10月14日 - 1472年4月10日)は、メーヌ伯(1441年 - 1472年)、ギーズ伯1444年 - 1472年)。シャルル・デュ・メーヌ(Charles du Maine)とも。アンジュールイ2世・ダンジューヨランド・ダラゴンの三男で兄にルイ3世・ダンジュールネ・ダンジュー、姉にフランスシャルル7世の王妃マリー・ダンジューがいる。

生涯[編集]

次兄ルネからメーヌ伯を譲られ、2度目の結婚によってギーズ伯位を得た。

1433年に母と親しいフランス王国大元帥英語版アルテュール・ド・リッシュモンの画策でシャルル7世の寵臣ジョルジュ・ド・ラ・トレモイユが失脚すると、その後釜に置かれた。シャルル7世の義弟ということで国王の信頼を得たが、リッシュモンとも信頼関係を築き、宮廷は彼らを中心とした勢力で固められていった[1]

リッシュモンが進める軍事改革に賛成を示し、彼が推し進め1439年に発布された貴族の軍隊招集と課税禁止の勅令を支持している。しかし反面、勅令に反対するブルボン公シャルル1世から敵視され、宮廷がシャルル4世とリッシュモンの派閥で占められブルボン派が排斥されたこともあり、1440年プラグリーの乱が勃発する原因になった。反乱は鎮圧され、ブルボン派を軍事ポストに登用、アンジュー派が宮廷の官職を確保する妥協点が見いだされ両者の対立は終息した[2]

シャルル4世はブルゴーニュフィリップ3世(善良公)に捕らえられていた兄に代わりアンジューの経営に努め、1436年にリッシュモンおよび兄のブルターニュジャン5世とフランス・ブルターニュの同盟とジル・ド・レの所領問題を協議、1444年にメスの反乱平定へ向かったシャルル7世に同行している。また、リッシュモンとの関係強化のため、後妻の姉妹に当たるカトリーヌを彼の3番目の妻に迎えさせている[3]

1472年に57歳で死去、後を息子のシャルル5世が継いだ。

子女[編集]

最初の妻コベッラ・ルッフォとの間に一男シャルル(5世)が、後妻でサン=ポル伯ピエール1世の娘イザベル・ド・サン=ポルとの間に一女ルイーズ(1445年 - 1477年、ヌムール公ジャック・ダルマニャックと結婚)がいる。

脚注[編集]

  1. ^ エチュヴェリー、P207、清水、P155、上田、P90 - P91。
  2. ^ 上田、P108、P115 - P122、P131 - P133、P144。
  3. ^ エチュヴェリー、P259 - P260、清水、P180、上田、P130 - P131。

参考文献[編集]


先代:
ルイ・ド・リュクサンブール
(ルイ1世)
ギーズ伯
1444年 - 1472年
次代:
シャルル5世・ダンジュー
(シャルル2世)