シャルル1世 (ブルボン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブルボン公シャルル1世の石像

シャルル1世(Charles Ier, 1401年 - 1456年12月4日)は、ブルボン公およびオーヴェルニュ公(在位:1434年 - 1456年)、クレルモン伯。公位を継承したのは父ジャン1世の死後であるが、ジャン1世は1415年アジャンクールの戦いで捕虜となったままロンドンで死去しており、実質的にはその間に既に所領の統治を行っている。母はベリー公ジャンの娘でオーヴェルニュ女公のマリー・ド・ベリーである。

百年戦争の間はフランス国王シャルル7世に対して忠実であり、1428年から始まったオルレアン包囲戦ではジャン・ド・デュノワラ・イルらと共にオルレアンの救援に赴いたが、1429年2月12日ニシンの戦いで包囲側のイングランド軍輜重隊を叩こうとしてジョン・ファストルフen)に逆襲され敗北、デュノワらと対立して勝手にオルレアンから離脱した[1]。しかしシャルル7世に引き続き仕え、同年9月ではパリ攻撃に苦戦中のジャンヌ・ダルクに使者としてシャルル7世の攻撃中止命令を伝達、1430年コンピエーニュへ派遣されフランスからブルゴーニュへの引渡しを命じている(成功せず)[2]

1435年アラスへフランス・ブルゴーニュ講和会議の使者の1人として参加、アラスの和約を締結させた。しかし、シャルル7世とアルテュール・ド・リッシュモン大元帥が進める軍制改革と貴族への課税に反発、1440年にデュノワやアランソン公ジャン2世など他の貴族達と共にルイ王太子を擁立して反乱(プラグリーの乱)を起こし、リッシュモンに早期鎮圧され所領の一部を没収されている[3]。1456年に55歳で死去、長男のジャン2世が公位を継いだ。

子女[編集]

1425年にブルゴーニュ公ジャン無畏公の娘アニェス1407年 - 1476年)と結婚した。2人の間には6男5女が生まれたが、ブルボン家嫡流の男系男子は息子の代で断絶することになる。

脚注[編集]

  1. ^ エチュヴェリー、P169 - P172、ペルヌー、P378 - P380、樋口、P107 - P108。
  2. ^ ペルヌー、P150、P161、樋口、P120。
  3. ^ エチュヴェリー、P214 - P217、P242 - P245、樋口、P144 - P147、P154 - P157。

参考文献[編集]

  • ジャン=ポール・エチュヴェリー著、大谷暢順訳『百年戦争とリッシュモン大元帥』河出書房新社、1991年。
  • レジーヌ=ペルヌー、マリ=ヴェロニック・クラン著、福本直之訳『ジャンヌ・ダルク』東京書籍、1992年。
  • 樋口淳『フランスをつくった王 ~シャルル七世年代記~悠書館、2011年。
先代:
ジャン1世
ブルボン公
1434年 - 1456年
次代:
ジャン2世
先代:
マリー・ド・ベリー
オーヴェルニュ公
1434年 - 1456年
次代:
ジャン2世