ラディズラーオ1世 (ナポリ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラディズラーオ1世
Ladislao I
ナポリ王
Ladislao d'Angiò re di Napoli.jpg
在位 1386年 - 1389年1399年 - 1414年
出生 1376年2月11日
ナポリ
死去 1414年8月6日
ナポリ
配偶者 コスタンツァ・キアラモンテ
  マリー・ド・リュジニャン
  マリア・デンゲン
王家 アンジュー=シチリア家
王朝 ナポリ・アンジュー朝
父親 カルロ3世
母親 マルゲリータ・ディ・ドゥラッツォ
テンプレートを表示

ラディズラーオ1世(Ladislao I, 1376年2月11日 - 1414年8月6日)は、ナポリ王(在位:1386年 - 1389年1399年 - 1414年)。名目上はエルサレム王、シチリア王、プロヴァンス伯、ハンガリー王でもあった。アンジュー=シチリア家最後の男系男子である。

生涯[編集]

ラディズラーオはナポリカルロ3世マルゲリータ・ディ・ドゥラッツォアンジュー=シチリア家傍系出身でカルロ3世とは共に父方の従兄妹)の間に生まれた。1386年に母の摂政の下、9歳でナポリ王となった。

ラディズラーオは野心家で、教会大分裂のさなかにローマ、ラティウム、ウンブリアを占領した[1]。さらにトスカナにも侵攻するものの、フィレンツェ・シエナ連合軍に敗退した[1]

1414年死去し、子がなかったため、ナポリ王位は姉のジョヴァンナ2世が継承した。

家族[編集]

1390年、コスタンツァ・キアラモンテ(Costanza Chiaramonte)と結婚。1392年離婚。

1403年、キプロス王ジャック1世の娘マリー・ド・リュジニャンと結婚。

1406年、レッチェ女伯マリア・デンゲン(Maria d'Enghien)と結婚。

いずれの結婚でも子女を得ることはできなかった。

脚注[編集]

  1. ^ a b 澤井、p. 86

参考文献[編集]

  • 澤井繁男 『ナポリの肖像』 中央公論新社、2001年
先代:
カルロ3世
ナポリ王
1386年 - 1389年
次代:
ルイージ2世
先代:
ルイージ2世
ナポリ王
1399年 - 1414年
次代:
ジョヴァンナ2世