ゴンサロ・イグアイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴンサロ・イグアイン Football pictogram.svg
Gonzalo Higuain 2017 (edited).jpg
ユヴェントスFCでのイグアイン(2017年)
名前
本名 ゴンサロ・ヘラルド・イグアイン
Gonzalo Gerardo Higuaín
愛称 エル・ピピータ (El Pipita)
ラテン文字 Gonzalo HIGUAIN
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
フランスの旗 フランス
生年月日 (1987-12-10) 1987年12月10日(29歳)
出身地 フランスの旗 フランス ブレスト
身長 184cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ユヴェントスFC
ポジション FW (CF, WG) / MF (OMF)
背番号 9
利き足 右足
ユース
1999-2005 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2007 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 35 (13)
2007-2013 スペインの旗 レアル・マドリード 190 (107)
2013-2016 イタリアの旗 ナポリ 104 (71)
2016- イタリアの旗 ユヴェントス 38 (24)
代表歴2
2008  アルゼンチン U-23 1 (2)
2009- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 67 (31)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月27日現在。
2. 2016年11月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ゴンサロ・ヘラルド・イグアインGonzalo Gerardo Higuaín, 1987年12月10日 - )はフランスブルターニュ地域圏フィニステール県ブレスト出身のアルゼンチン人サッカー選手セリエAユヴェントスFC所属。アルゼンチン代表。ポジションはフォワードミッドフィールダー

経歴[編集]

アルゼンチン時代[編集]

フランスブレストでサッカー選手の父の下に生まれ、イグアインが生後10ヶ月の時に一家はアルゼンチンへと移った。アルゼンチンのCAリーベル・プレートのユースに加入したイグアインは、2005年5月29日のクラブ・デ・ヒムナシア・イ・エスグリマ・ラ・プラタ戦でデビュー。若くして頭角を現し、2006年10月8日のボカ・ジュニアーズとのスーペルクラシコでは2得点を挙げ、注目を浴びる。2006-07シーズンの冬のオフ、1200万ユーロ(当時のレートで約20億円)でレアル・マドリードへと移籍。

レアル・マドリード[編集]

2006-07、2007-08シーズンでは主に3トップの右ウイングとして起用された。2007-08シーズンではイグアインの先発により、ロビーニョがベンチを暖める機会が増えた。2007-08シーズンのアウェイでの優勝をかけた第35節CAオサスナ戦では、後半の途中から出場。終盤にフリーキックからアリエン・ロッベンのヘディングでの同点ゴールをアシストすると、試合終了間際には自ら優勝を決める決勝ゴールを決めた。更に第36節のFCバルセロナとのエル・クラシコでは後半の途中から出場し、ファーストタッチでゴールを決めた。この2試合を含む4試合連続途中出場でゴールを記録するなど、切り札としてレアル・マドリードのリーガ連覇に大きく貢献した。2008-09シーズン途中からチーム事情(シーズン序盤にロビーニョ放出、ファン・ニステルローイが長期離脱)により、センターフォワードを任されることが増え、ラウル・ゴンサレスとの2トップを形成した。このシーズン、マラガCF戦では不調のチームの中でイグアインが一人気を吐き、4得点を挙げてチームを勝利へと導いた[1]。最終的にこのシーズン22得点を挙げチーム得点王となる活躍を見せた。

レアル・マドリードにて、アトレティコ・マドリード戦でゴールを祝うイグアイン

2009-10シーズンも、クリスティアーノ・ロナウドカカカリム・ベンゼマといったそうそうたるアタッカーの加入により、開幕戦こそスターティングメンバーに名を連ねることが出来なかったが、徐々に信頼を得ると主将のラウル、ベンゼマからレギュラーを勝ち取り、前年を超えるハイペースでゴールを量産。シーズン初ゴールは開幕から7週間後となる10月中旬であった。しかし、最終的にリーグ戦で前シーズンを上回る27得点を挙げ、リーガの得点ランク2位となった。 ゴールをコンスタントに決めることから、マヌエル・ペレグリーニ前監督からの信頼も厚かった。

ベスト16に終わったチャンピオンズリーグオリンピック・リヨン戦の2ndレグでは、ゴールキーパーをかわした後に無人のゴールに決められなかったこと、ディフェンスが3人いたにも関わらずフリーだったクリスティアーノ・ロナウドにパスを出さなかったことなどから戦犯の一人と見なされ、チームの第2キャプテンであるグティから暗に批判された[2]

2010年には2016年まで契約を延長[3]。ラウルが移籍してクリスティアーノ・ロナウドが背番号7を求めたことにより空き番となったエースナンバー9番を背負うという話が出た際には背番号20に対する愛着を語り、変更しないことを望んだ。ジョゼ・モウリーニョが監督に就任した2010-11シーズンは1トップを任されるもゴールが遠く、序盤戦は不調に喘いだ[4]。その後は徐々に復調の兆しを見せ、11月3日に行われたチャンピオンズリーググループステージのACミラン戦では、前半終了間際にアンヘル・ディ・マリアのパスからクラブの欧州大会通算700点目となる先制点を挙げた。このシーズンは18試合で10得点と高い得点率を誇っていたものの、その後椎間板ヘルニアによって離脱。12月1日に精密検査を受けた結果、手術が必要であると判断され[5]、翌年1月11日にシカゴにて手術を行った。手術の直前に行われたビジャレアルCF戦の試合前、チームメイトはイグアインへのメッセージが書かれたTシャツを着て励ました[6]

4月3日のスポルティング・デ・ヒホン戦で後半から途中出場。メスタージャでのバレンシア戦では、復帰後初ゴールを含むハットトリックを達成した。バルセロナとのチャンピオンズリーグ第2戦でも後半開始直後にゴールネットを揺らしたが、直前のハビエル・マスチェラーノに対するクリスティアーノ・ロナウドのファウルが取られたことにより得点は取り消された[7]

2011-12シーズンの開幕前プレーオフで好調だったベンゼマとは対照的にあまり調子の上がらなかったイグアインは、開幕戦をベンチスタートで迎えることとなった。その後もモウリーニョはベンゼマを信頼し、イグアインはほとんどの試合で先発メンバーに選ばれなかった。しかしその後、チャンピオンズリーグのアヤックス戦でベンゼマは左足長内転筋を負傷。第7節RCDエスパニョール戦で先発のチャンスを得るとハットトリックを記録し、復調を印象づけた[8]。さらに次のレアル・ベティス戦でも2試合連続でハットトリックを達成した。

PKを蹴らないにも関わらず時間当たりの得点率はクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシを超えて欧州5大リーグでトップであったが[9]、ベンゼマとのレギュラー争いに敗れ、エル・クラシコやチャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン戦などを始めベンチスタートとなる日々が続いた[10]。そのことからシーズン終了後の移籍の噂が後を絶たず、ユヴェントスFCパリ・サンジェルマンFCチェルシーFCマンチェスター・シティFCなど多くのクラブからの関心が伝えられた[11]

ナポリ[編集]

ナポリ時代

2012-13シーズン終了後、移籍を希望し、ユヴェントスFCアーセナルFCが獲得に動いた。2013年7月24日、エディンソン・カバーニの後釜としてSSCナポリ移籍が決定[12]。契約は5年間。レアル・マドリード時代の同僚であったアルビオルカジェホンとはここでも同僚になる。

2013-14シーズンは32試合に出場して17ゴールを挙げチームのチャンピオンズリーグ出場権内となる3位に貢献した。2014-15シーズンは37試合に出場し18ゴールを挙げるもチームは5位となり不完全燃焼のシーズンとなった。 2015-16シーズンは開幕からゴールを挙げ、ナポリの優勝争いの原動力となり、最終的に2位となった。2016年4月3日のウディネーゼ・カルチョ戦で審判への抗議で4試合の出場停止(のちに3試合に軽減)されるも、2016年5月14日のフロジノーネ・カルチョ戦ではハットトリックを達成してシーズン36ゴールを記録[13][14]。得点王を獲得し、セリエAの得点記録を66年ぶりに更新した[13][14]

ユヴェントス[編集]

2015-16シーズン後、優勝を争ったユヴェントスFCに5年契約で移籍が決定。なお、ユヴェントスは契約解除金として9000万ユーロを2年間の分割でナポリに支払っており、これはユヴェントス史上最高額の移籍金でありまたセリエAのクラブが支払った史上最高額の移籍金である[15]。また年俸750万ユーロも現役のセリエA選手で最高額となった[16]。背番号はナポリ時代と同じ9番[16]。優勝を争う長年のライバルへの移籍は、その金額の大きさも相まってナポリサポーターからの大きな反発を生んだ[16][17][18][19]。 8月20日のセリエA開幕戦フィオレンティーナ戦でユベントスの選手としてデビュー、ゴールを決めた[20]。10月29日には古巣のナポリと対戦し、決勝ゴールを決めたが、ゴールを喜ぶ姿を見せなかった[21]。4月15日のペスカーラ戦で2ゴールを決め、ヨーロッパでの200得点を達成[22]UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17準決勝ASモナコ戦のファーストレグでは、共にダニエウ・アウヴェスのアシストから2得点を決めて勝利に貢献した[23]

代表歴[編集]

W杯2014決勝でのイグアイン

2006年11月、ドメネク監督からフランス代表に招集されたが辞退。2007年初頭にアルゼンチン市民権を獲得したことを受けて、アルゼンチン代表入りを目指すことを表明。 2008年2月、バティスタ監督からU-23アルゼンチン代表メンバーとして初招集されると、グアテマラ戦で代表デビューを飾り2ゴールを挙げた。5月、カタルーニャ代表との親善試合にも出場したが、両試合ともFIFAが承認する国際Aマッチではないため国際試合での出場数やゴール数は記録されていない。

2009年9月25日、マラドーナ監督から2010 FIFAワールドカップ・南米予選メンバーとしてピンチに陥っていたアルゼンチン代表に招集される。2009年10月10日のペルー戦で代表デビューを飾り、先制点となる代表初得点も挙げた。2010年3月3日の親善試合・ドイツ戦では決勝点を挙げた。イグアインは窮地に追い込まれていたアルゼンチン代表を救い、ワールドカップ出場へと導く。

2010 FIFAワールドカップでは、イグアインはマラドーナ監督からFWのファーストチョイスとされていた。ギリシャ戦を除く全ての試合に先発出場し、6月17日の韓国戦で大会唯一のハットトリックを記録した。アルゼンチン代表としてワールドカップでハットトリックを記録したのは元アルゼンチン代表として歴代最多ゴールを挙げたガブリエル・バティストゥータ以来、ギジェルモ・スタービレ、バティストゥータに次いで3人目の快挙。ちなみに2006 FIFAワールドカップではハットトリックは無かったため、2大会ぶりのハットトリックだった

2011年、ホスト国として臨んだコパ・アメリカにも招集された。グループリーグの2試合はベンチを温めたが、2試合とも引き分けという結果から、バティスタ監督は最終戦の対コスタリカで多くの先発メンバーを変更し、イグアインも先発に名を連ねた。決勝トーナメント準々決勝のウルグアイ戦でも先発出場し、前半17分に同点ゴールを決めた。しかしその後スコアは動かず、アルゼンチンはPK戦の末敗れた。

2011年10月7日の2014 FIFAワールドカップ・南米予選初戦のチリ戦で、ワールドカップ以来となる自身2度目のハットトリックを達成した[24]

コパ・アメリカ・センテナリオでは4得点を挙げる活躍を見せるも、決勝のチリ戦では途中交代させられ、チームも準優勝に終わった。

2014 FIFAワールドカップでは、ボスニア・ヘルツゴビナ戦で途中出場し、メツシのゴールをアシスト[25]、準々決勝のベルギー戦ではゴールを決めたが[26]、決勝ではノイアーと1対1の場面で得点を決められず[27]、アルゼンチンも優勝を逃した。

2015年コパ・アメリカ決勝では、グループステージのジャマイカ戦[28]、準決勝のパラグアイ戦で得点を決めたが、決勝のチリ戦でPKを外し、アルゼンチンも優勝を逃す[29]

評価[編集]

2010 FIFAワールドカップの監督でもあったディエゴ・マラドーナからは「バティクレスポの資質を備えている」と評され[30]、クレスポ自身も代表での後継者として指名した[31]

エピソード[編集]

  • イグアインが不調のときに、チームメイトであったルート・ファン・ニステルローイから「ゴールはケチャップみたいなものだ」とアドバイスを受け、その後復調し得点を量産した[34]。ケチャップは、必死に振っても出てこないが、一気に出てくることもある所がゴールと似ているということ。ゴールとはそういうものだとイグアインを落ち着かせようという意図の発言だと考えられる。

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

クラブ リーグ シーズン リーグ戦 カップ戦 国際試合 国内SC 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アルゼンチン リーグ戦 カップ戦 リベルタ スダメリ スーペルコパ 期間通算
リーベル・プレート プリメーラ 2004-05 4 0 0 0 0 0 4 0
2005-06 14 5 0 0 4 2 18 7
2006-07 17 8 0 0 2 0 19 8
通算 35 13 0 0 6 2 0 0 0 0 41 15
スペイン リーグ戦 カップ戦 CL EL スーペルコパ 期間通算
レアル・マドリード プリメーラ 2006-07 19 2 2 0 2 0 23 2
2007-08 25 8 4 1 5 0 34 9
2008-09 34 22 2 1 7 0 1 1 44 24
2009-10 32 27 1 0 7 2 40 29
2010-11 17 10 2 1 6 2 25 13
2011-12 35 22 5 1 12 3 2 0 54 26
2012-13 28 16 5 0 9 1 2 1 44 18
通算 190 107 21 4 48 8 0 0 5 2 264 121
イタリア リーグ戦 カップ戦 CL EL スーペルコパ 期間通算
ナポリ セリエA 2013-14 32 17 5 2 5 4 4 1 46 24
2014-15 37 18 4 1 21 11 14 7 1 2 58 29
2015-16 35 36 2 0 5 2 42 38
通算 104 71 11 3 7 5 23 10 1 2 146 91
ユベントスFC セリエA 2016-17 38 24 4 0 12 5 54 29
通算
総通算 329 201 32 7 61 15 23 10 6 4 451 227
  • 2016年5月27日時点
  • 1 予選プレーオフ

代表での成績[編集]

アルゼンチン代表
出場 得点 アシスト
2009 3 1 0
2010 10 6 2
2011 9 5 1
2012 8 4 5
2013 5 4 1
2014 11 3 1
2015 8 2 0
2016 10 5
2017 2 0
通算 66 31 10

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

レアル・マドリード
SSCナポリ
ユベントスFC

個人タイトル[編集]

  • セリエA得点王 2015/16(セリエA一シーズン最多得点記録)
  • セリエAベストイレブン 2013/14、2015/16
  • UEFAヨーロッパリーグベストイレブン 2013/14、2014/15
  • FIFAワールドカップ マンオブザマッチ 2010 VS韓国
  • FIFAワールドカップ マンオブザマッチ 2014 VSベルギー

脚注[編集]

  1. ^ レアル・マドリード イグアインの4得点でマラガに勝利AFP BB News、2008年11月9日
  2. ^ C・ロナウド、イグアインの“エゴ”に怒り心頭”. スポーツナビ (2010年3月13日). 2010年3月27日閲覧。
  3. ^ イグアイン、レアルと2016年まで契約延長footballweekly、2010年6月8日
  4. ^ 戦犯扱いされるイグアイン、「とてもつらい」”. goal.com (2010年9月26日). 2010年10月6日閲覧。
  5. ^ レアル・マドリーのイグアイン、椎間板ヘルニアの手術か”. スポーツナビ (2010年12月2日). 2010年12月6日閲覧。
  6. ^ 選手たちがイグアインにメッセージ”. realmadrid.jp (2011年1月10日). 2011年3月17日閲覧。
  7. ^ レアル敗退 またも判定に泣く?中日スポーツ、2011年5月5日
  8. ^ リーガ第7節:エスパニョール戦(A)レビュー. real madrid.com、2011年10月3日
  9. ^ Top Ten Most Prolific Strikers In Europe: Minutes Per Goal Scored In 2011/12. caughtoffside.com、2012年1月31日
  10. ^ レアル・マドリー、イグアインとカカの移籍金を74億円に設定. スポーツナビ、2012年5月2日
  11. ^ イグアイン:「自分の未来は分かっている」. goal.com、2012年5月3日
  12. ^ イグアインとレイナがナポリ加入. UEFA.com、2012年7月25日
  13. ^ a b イグアイン、66年ぶり得点記録樹立で賛辞の嵐!”. フットボールチャンネル (2016年5月16日). 2016年10月8日閲覧。
  14. ^ a b イグアインが自身初のセリエA得点王に…66年ぶりに最多ゴール記録も更新”. サッカーキング (2016年5月17日). 2016年10月8日閲覧。
  15. ^ イグアイン、セリエA最高額でのユーベ移籍が決定的に 伊報道”. AFPBB (2016年7月25日). 2016年10月8日閲覧。
  16. ^ a b c ユーベ移籍のイグアインが初めてナポリに言及、「傷つけるつもりなかった」”. AFPBB (2016年7月29日). 2016年10月8日閲覧。
  17. ^ イグアイン“禁断の移籍”にナポリファン激怒! ユニ破り、壁に張り付け、便器へGO”. フットボールチャンネル (2016年7月24日). 2016年10月8日閲覧。
  18. ^ イグアインのユーベ移籍…ナポリファン激怒に”ピザ屋”が便乗「負傷したら113円セール」”. フットボールチャンネル (2016年8月1日). 2016年10月8日閲覧。
  19. ^ イグアインのユーヴェ移籍に激怒のナポリサポ、クラブも批判 「裏切り者」「金を出せ」”. Goal.com (2016年7月24日). 2016年10月6日閲覧。
  20. ^ Higuain: 'Happy with Juve goal'”. Football Italia (2016年8月20日). 2016年8月21日閲覧。
  21. ^ Higuain completes Napoli nightmare”. Football Italia (2016年10月29日). 2016年10月29日閲覧。
  22. ^ Higuain hits 200-goal milestone to push Juventus closer to another title”. The Score (2017年4月16日). 2017年4月17日閲覧。
  23. ^ Juventus closed in on a second Champions League final in three seasons as Gonzalo Higuain struck twice to beat Monaco in the semi-final first leg.”. BBC Sport (2017年5月3日). 2017年5月5日閲覧。
  24. ^ ハットのイグアイン、白星発進に満足”. Goal.com (2011年10月8日). 2011年10月10日閲覧。
  25. ^ “Argentina 2-1 Bos-Herce”. BBC. (2014年6月16日). http://www.bbc.com/sport/0/football/25285099 2014年6月21日閲覧。 
  26. ^ “Argentina 1-0 Belgium”. BBC. (2014年6月5日). http://www.bbc.com/sport/0/football/28069209 2014年6月6日閲覧。 
  27. ^ “Gonzalo Higuain Missed Argentina's Best Chance Against Germany (VIDEO/GIF)”. Huffington Post. (2014年7月13日). http://www.huffingtonpost.com/2014/07/13/gonzalo-higuain-miss-argentina-world-cup_n_5582561.html 2014年7月15日閲覧。 
  28. ^ . ESPN. (2015年6月20日). http://www.espnfc.com/copa-america/match/409841/argentina-jamaica/report+2015年6月20日閲覧。 
  29. ^ “Chile 0-0 Argentina”. BBC. (2015年7月5日). http://www.bbc.com/sport/0/football/33085977 
  30. ^ イグアインとバティ、クレスポを比較するマラドーナgoal.com、2010年6月26日
  31. ^ クレスポ:「後継者はイグアイン」goal.com、2011年10月19日
  32. ^ FW 20 イグアイン”. realmadrid.jp (2010年3月6日). 2010年5月17日閲覧。
  33. ^ イグアイン:サンティアゴ・ベルナベウで復帰することを夢見ている”. realmadrid.jp (2011年3月5日). 2011年3月17日閲覧。
  34. ^ ゴールはケチャップ同様と伝授された絶好調FW”. livedoorスポーツ. 2010年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]