エドゥアール・ラロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エドゥアール・ラロ
Édouard Lalo
Édouard Lalo2.jpeg
基本情報
生誕 (1823-01-27) 1823年1月27日
出身地 Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国リール
死没 (1892-04-22) 1892年4月22日(69歳没)
フランスの旗 フランス共和国パリ
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家ヴァイオリンおよびヴィオラ奏者
担当楽器 ヴァイオリンヴィオラ

ヴィクトール・アントワーヌ・エドゥアール・ラロ(Victor Antoine Édouard Lalo, 1823年1月27日 - 1892年4月22日)は、フランス作曲家ヴァイオリンおよびヴィオラ奏者。リール生まれ。スペイン交響曲ヴァイオリン協奏曲第2番に当たる)、チェロ協奏曲が有名。オペラ『イスの王様』は、今日ではまず全曲が上演されることはないが、その序曲はフランス・オペラの序曲集といった盤などにも収められていることがある。

経歴[編集]

性格ははなはだまじめであり、室内楽に熱意を注いでいた。

主な作品[編集]

  • 室内楽曲
    • ピアノ三重奏曲第1番 ハ短調 作品7
    • ピアノ三重奏曲第2番 ロ短調 
    • ピアノ三重奏曲第3番 イ短調 作品26
    • 弦楽四重奏曲 変ホ長調 作品45
    • ヴァイオリンソナタ ニ長調 作品12
    • ギター ロ短調 作品28
    • 2つの小品 作品14
  • ピアノ曲
    • 母と子

外部リンク[編集]

脚注[編集]