ヴァイオリン協奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァイオリン協奏曲を演奏するダヴィッド・オイストラフ

ヴァイオリン協奏曲は、ヴァイオリンのための協奏曲。通常はヴァイオリン独奏者(ソリスト)と管弦楽による伴奏によって構成される。まれに複数のヴァイオリン奏者がいる場合もある。バロックの時代から現代まで、多くの有名な作曲家がヴァイオリン協奏曲を作曲しており、協奏曲の重要なジャンルとみなされている。ヴィヴァルディJ.S.バッハモーツァルトベートーヴェンメンデルスゾーンブラームスシベリウスチャイコフスキーヴィエニャフスキのものは有名で、特に、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64、ブラームスのヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35から3作品を選んで三大ヴァイオリン協奏曲と称したり、4作品で四大ヴァイオリン協奏曲とすることもある[1]

ヴァイオリン協奏曲のなかには、管弦楽ではなくて室内楽の編成による伴奏を伴うものもある。たとえばヴィヴァルディのL'estro armonicoは、4つのヴァイオリン、2つのヴィオラチェロ通奏低音のための作品であり、またアラン・ペッタション(Allan Pettersson)の第1番はヴァイオリンと弦楽四重奏のための作品である。


主な作曲家と作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヤッシャ・ハイフェッツアイザック・スターンチョン・キョンファなどによるレコードでは、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、チャイコフスキーの作品を集めて「三大ヴァイオリン協奏曲」として日本では発売されていた。

外部リンク[編集]