フランソワ・アントワーヌ・アブネック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランソワ・アントワーヌ・アブネック

フランソワ・アントワーヌ・アブネックFrançois Antoine Habeneck, 1781年1月22日 - 1849年2月8日)は、フランスヴァイオリン奏者・指揮者。メジエール出身。1801年パリ音楽院に入学し、ピエール・バイヨヴァイオリンを師事して、ヴァイオリン科首席となる(1804年)。パリ・オペラ座管弦楽団に入団し、首席ヴァイオリン奏者を務めたのち、1806年に音楽監督、1821年から1824年まで指揮者を歴任。1806年から、パリ音楽院管弦楽団の指揮者を20年にわたって務め、1828年には終身指揮者に選ばれた。アブネックは演奏活動を通じてベートーヴェン交響曲をフランスに広めた。またベルリオーズワーグナーが、アブネックの解釈を通じてベートーヴェンへの崇敬の念を深めたことは有名。作曲家としては、2つのヴァイオリン協奏曲のほか、いくつかの歌曲を残した。門人に、ジャン・デルフィン・アラールとユベール・レオナールがいる。