アビ・ヴァールブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アビ・ヴァールブルク
アビ・ヴァールブルク(1900年ごろ)
人物情報
全名 アビ・モーリッツ・ヴァールブルク
生誕 (1866-06-13) 1866年6月13日
ハンブルクの旗 自由ハンザ都市ハンブルク
死没 (1929-10-26) 1929年10月26日(満63歳没)
ドイツの旗 ドイツ国ハンブルク
学問
テンプレートを表示

アビ・モーリッツ・ヴァールブルクAby Moritz Warburg, 1866年6月13日 - 1929年10月26日)は、ドイツ美術史家。1919年からハンブルク大学の教授を務めた。

ハンブルクの富裕なユダヤ人銀行家の家庭に生まれ育つ, 。祖先はイタリアからドイツに移住したセファルディムボンミュンヘンストラスブール考古学と美術史のほか、医学心理学、宗教史を学ぶ。博士論文のテーマはボッティチェリの《ヴィーナスの誕生》と《プリマヴェーラ》だった。

長男だったが家業の相続を嫌い、家督を弟に譲る代わりに、生家の経済的援助で研究を続けた。1896年には米国に旅して、ホピ族に関する人類学的研究をおこなっている(「蛇儀礼」)。

鬱病統合失調症を患い、1921年スイスのクロイツリンゲンにあったルートヴィヒ・ビンスヴァンガーの神経科医院に入院。1924年、医師や患者仲間たちの前で高度な学術的講義をおこなうことで正気を証し、退院を許される。

晩年の5年間は、精神病の再発を気遣いつつも、未完に終わった「ムネモシュネ・アトラス」の主要論文を執筆。ハンブルクで心臓病のため死去。

研究のために収集した書籍・映像資料を私設の「ヴァールブルク文化学図書館(Kulturwissenschaftliche Bibliothek Warburg)」で公開していたが、ヴァールブルクの死後、ナチスの台頭を避けてロンドンに移転、現在はロンドン大学附属のウォーバーグ研究所 として運営されている。

著作(日本語訳)[編集]

研究評伝[編集]

  • 田中純 『アビ・ヴァールブルク 記憶の迷宮』 青土社、2001年、新装版2011年
  • 前田耕作松枝到編 『ヴァールブルク学派 文化科学の革新』 平凡社、1998年
    「ヴァールブルク・コレクション」別巻で、詳細な書誌を収録。
  • エルンスト・ゴンブリッチ 『アビ・ヴァールブルク伝 ある知的生涯』 鈴木杜幾子訳、晶文社、1986年
  • 『残存するイメージ アビ・ヴァールブルクによる美術史と幽霊たちの時間』
    ジョルジュ・ディディ=ユベルマン/竹内孝宏・水野千依訳、人文書院、2005年
  • 『アトラス、あるいは不安な悦ばしき知』。『ムネモシュネ・アトラス』の解説
    ジョルジュ・ディディ=ユベルマン/伊藤博明訳・解説、石井朗・企画構成、ありな書房、2015年
  • フリッツ・ザクスル 『シンボルの遺産』 松枝到・栗野康和訳、せりか書房、1980年/ちくま学芸文庫(増訂版)、2005年
    著者は後継者の一人、ヴァールブルク文庫とヴァールブルク回想の章がある。
    他に『イメージの歴史 ザクスル講義選集』(ブリュッケ、2009年)、『英国美術と地中海世界』(R・ウィトカウアー共編著、勉誠出版、2005年)。各・鯨井秀伸編訳

関連文献[編集]

  • エトガー・ヴィント 『シンボルの修辞学』 晶文社〈図像と思考の森〉、2007年
    秋庭史典、加藤哲弘、金沢百枝、蜷川順子、松根伸治共訳。著書「第2章」で、上記ゴンブリッチの伝記を強く批判。
  • ロン・チャーナウ 『ウォーバーグ ユダヤ財閥の興亡』 青木榮一訳、日本経済新聞社(上下)、1998年
    上巻で、一族との関わりでの活動は詳しい。

関連項目[編集]