高田勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高田 勇(たかた いさむ、1931年 - 2012年9月23日)は、フランス文学者明治大学文学部名誉教授。専攻はフランス・ルネサンスの文学で、関連する著書・訳書を多数上梓したほか、フランス語教育に関する著書なども手がけた。

明治大学文学部卒業、同大学院文学研究科修士課程修了。1955年明大助手、講師、助教授、教授、2002年定年退任。1986年『ロンサール詩集』で日本翻訳文化賞受賞。日本ロンサール学会会長(~2012年)。1996年ランス・シャンパーニュ=アルデンヌ大学名誉博士。1997年フランス政府芸術文化勲章オフィシエ章。2010年瑞宝中綬章。

2012年9月23日、食道がんのため横浜市内の病院で死去[1]。81歳没。

著書[編集]

共著書[編集]

訳書[編集]

  • V=L・ソーニエ『中世フランス文学』武島栄三(神沢栄三)共訳、白水社・文庫クセジュ、1958年。
  • ペイヤール『マジェランの世界一周』 筑摩書房、1963年。
  • セム・ドレスデン 『ルネサンス精神史』 平凡社〈世界大学選書〉1970年。
  • ジャン・ルーセ 『フランスバロック期の文学』斎藤磯雄伊東廣太小川茂久、神沢栄三、斎藤正直渋沢孝輔共訳、筑摩叢書、1971年。
  • アンリ・フォション『西欧の芸術.1-ロマネスク』 (神沢栄三他共訳)、<上・下、SD選書>鹿島出版会、1976-78年。
  • アンリ・フォション『西欧の芸術.2-ゴシック』 (神沢栄三他共訳)、<上・下、SD選書>鹿島出版会、1976-79年。
  • ジャン・セズネック『神々は死なず:ルネサンス芸術における異教神』 美術出版社、1977年。
  • サンゴール『ネグリチュードとヒューマニズム』(共訳)岩波書店、1979年。
  • イヴォンヌ・ベランジェ『プレイヤード派の詩人たち』伊藤進共訳、白水社〈文庫クセジュ〉、1981年。
  • ポール・ジャンドロ 『マヤ文明』 白水社 1981.9 文庫クセジュ。
  • ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌ『新釈ノストラダムス』半村良監修、講談社、1982年。
  • セム・ドレスデン 『ルネサンス精神史』 平凡社、1983年(1970年版の再版)。
  • ロンサール詩集』 青土社、1985年。
  • F・L・アトリーほか『神話の系譜学』加藤光也ほか共訳、平凡社、1987年。
  • イヴォンヌ・ベランジェ 『モンテーニュ精神のための祝祭』白水社、1993年。
  • フランセス・A・イェイツ『十六世紀フランスのアカデミー』平凡社、1996年。   
  • 『ノストラダムス予言集』P.ブランダムール校訂 伊藤進共編訳、岩波書店、1999年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高田勇氏死去(明治大名誉教授・仏文学) 時事通信 2012年10月4日閲覧