林田遼右

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林田 遼右(はやしだ りょうすけ、1934年9月4日[1] - )は、日本のフランス文学者、千葉大学名誉教授。

略歴[編集]

満洲生まれ。東京教育大学卒業、同大学院修士課程修了。愛知教育大学助教授、千葉大学文学部教授。2001年定年退官。NHKテレビ・ラジオのフランス語講師、パリ大学等の日本語科講師などを務める。

著書[編集]

  • 『初めてのフランス語 15のエチュード』白水社 1976
  • 『おぼえるための基本フランス単語1200』朝日出版社 1979.4
  • 『林田フランス語教室』白水社 1980.3
  • 『大学1年の仏和辞典』(編著)朝日出版社 1985.2
  • ベランジェという詩人がいた フランス革命からブルボン復古王朝まで』新潮社 1994.2
  • 『フランス語の扉』朝日出版社 1996.4
  • 『フランス語を2ページで』4訂版-- 朝日出版社, 1996.4
  • 『カリカチュアの世紀』白水社 1998.1
  • 『林田遼右生きる知恵』日本放送出版協会 (NHKシリーズ) 2002-03
  • 『パリ散歩』朝日出版社 2005.4

共著[編集]

  • 『フランス語12カ月』高田勇,内海利朗共著 大学書林 1970
  • 『行き先はフランス』土田知則共著 朝日出版社 1994.4

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』