愛知教育大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛知教育大学
愛知教育大学正門
愛知教育大学正門
大学設置 1949年
創立 1873年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人愛知教育大学
本部所在地 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1
北緯35度3分10.94秒 東経137度2分58.87秒 / 北緯35.0530389度 東経137.0496861度 / 35.0530389; 137.0496861座標: 北緯35度3分10.94秒 東経137度2分58.87秒 / 北緯35.0530389度 東経137.0496861度 / 35.0530389; 137.0496861
学部 教育学部
研究科 教育学研究科
教育実践研究科
ウェブサイト 愛知教育大学公式サイト
テンプレートを表示

愛知教育大学(あいちきょういくだいがく、英語: Aichi University of Education、公用語表記: 愛知教育大学)は、愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は愛教大。

概観[編集]

愛知第一師範学校愛知第二師範学校愛知青年師範学校を包括して、1949年に新制大学愛知学芸大学として設置された。1966年に愛知教育大学に改称された。

教育および研究[編集]

教員養成大学である。愛知県の幼稚園小学校中学校の教諭や講師はかなりの割合でこの大学の卒業生が占めている。[要出典]

沿革[編集]

1943年(昭和18年)に名古屋市に設置された愛知第一師範学校、同年に岡崎市に設置された愛知第二師範学校、翌1944年(昭和19年)に安城市に設置された愛知青年師範学校の3つ師範学校を母体として、1949年(昭和24年)に愛知学芸大学として設立した。初代学長は物理学者の内藤卯三郎

愛知学芸大学発足にあたっては、岡崎市に本部を設置。名古屋市に名古屋分校が、安城市に安城分校が設置された。このうち、安城分校は校地を名古屋大学農学部に譲って本部に統合された。一方、岡崎高等師範学校との統合も検討されたが、師範学校高等師範学校の校風の違いなどから、岡崎高等師範学校は名古屋大学との統合を選択した。

両市の間では、ことあるごとに機関の誘致合戦が起こる状態だった。大学側は1965年、ついに附属学校を除く全機関を統合移転することを決定[1]。1966年、移転先は両市の中間に位置する刈谷市井ヶ谷町とする旨が発表される[2]。両市からは反発が大きかったが、1970年には完了した。現在、岡崎市には、附属小学校、附属中学校附属特別支援学校が、名古屋市には附属小学校、附属中学校附属幼稚園が残るのみである。ちなみに、附属高校もこの影響で、大学と敷地を共有する形で刈谷に置かれている。

刈谷市統合後、岡崎の旧本部キャンパスは大学共同利用機関法人自然科学研究機構の3研究所、旧名古屋分校キャンパスは、名古屋大学大幸キャンパスに転用された。

年表[編集]

愛知第一師範学校
  • 1873年(明治6年)12月 - 「愛知県養成学校」が開校。
  • 1876年(明治9年)8月 - 「愛知県師範学校」に改称。
  • 1886年(明治19年)8月 - 師範学校令の施行により、「愛知県尋常師範学校」に改称。
  • 1898年(明治31年)4月 - 師範教育令の施行により、「愛知県師範学校」に改称(「尋常」が除かれる)。
  • 1899年(明治32年)4月 - 師範学校の新設により、「愛知県第一師範学校」に改称。
  • 1912年(明治45年)4月 - 「愛知県女子師範学校」が開校。
  • 1943年(昭和18年)4月 - 師範教育令の改正により、愛知県第一師範学校と愛知県女子師範学校が統合の上、官立(国立)移管され、「愛知第一師範学校」に改称。
  • 1949年(昭和24年)5月31日 - 愛知学芸大学学芸学部の母体として包括され、「愛知学芸大学愛知第一師範学校」に改称。
  • 1951年(昭和26年)3月31日 - 廃止される。
愛知第二師範学校
  • 1899年(明治32年)4月 - 「愛知県第二師範学校」が設置される。
  • 1923年大正12年)4月 - 「愛知県岡崎師範学校」に改称。
  • 1943年(昭和18年)4月 - 師範教育令の改正により、官立(国立)移管され、「愛知第二師範学校」に改称。
  • 1949年(昭和24年)5月31日 - 愛知学芸大学学芸学部の母体として包括され、「愛知学芸大学愛知第二師範学校」に改称。
  • 1951年(昭和26年)3月31日 - 廃止される。
愛知青年師範学校
  • 1918年(大正7年)3月 - 「愛知県農業補習学校教員養成所」が開校。
  • 1921年(大正10年)4月 - 「愛知県実業教員養成所」に改称。
  • 1935年(昭和10年)4月 - 「愛知県立青年学校教員養成所」に改称。
  • 1944年(昭和19年)4月 - 師範教育令の改正により、官立(国立)移管の上、「愛知青年師範学校」に改称。
  • 1949年(昭和24年)5月31日 - 愛知学芸大学学芸学部の母体として包括され、「愛知学芸大学愛知青年師範学校」に改称。
  • 1951年(昭和26年)3月31日 - 廃止される。
新制大学
  • 1949年(昭和24年)
    • 5月31日 - 新制愛知学芸大学」が発足。「学芸学部」を設置。上記の師範学校3校を包括。
    • 9月19日 - 岡崎市明大寺町字西郷中38番地を本部とすることが定められた[3]
  • 1965年(昭和40年)7月2日 - 教授会は、学部の全施設を第三適地へ集結し集結完了を5年以内とすることを決定[1]
  • 1966年(昭和41年)
    • 4月1日 - 「愛知教育大学」へと改称し、学芸学部を「教育学部」に改組。
    • 7月14日 - 教授会は、移転先を尾張と三河の境界にある刈谷市井ヶ谷町とする小木曾公学長の見解を承認[3]
    • 7月16日 - 文部省が統合移転を正式に決定、発表[2]
  • 1970年(昭和45年)4月 - 愛知県刈谷市の現在地に統合。本部を移転。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 国立大学法人 愛知教育大学が発足。

教育および研究[編集]

本部棟
広場と講堂
美術第一実習棟
第一共通棟
第一共通棟と情報処理センター
プール

組織[編集]

学部[編集]

  • 教育学部
    • 教員養成課程
      • 初等教育教員養成課程
        • 幼児教育選修[4]
        • 教育科学選修[5]
        • 情報選修[6]
        • 国語選修[7]
        • 社会選修[8]
        • 数学選修[9]
        • 理科選修[10]
        • 音楽選修[11]
        • 美術選修[12]
        • 保健体育選修[13]
        • 家庭選修[14]
        • 英語選修[15]
      • 中等教育教員養成課程
      • 特別支援学校教員養成課程[28]
      • 養護教諭養成課程[29]
    • 現代学芸課程
      • 国際文化コース[30]
      • 日本語教育コース[31]
      • 臨床福祉心理コース[32]
      • 造形文化コース[33]
      • 情報科学コース[34]
      • 自然科学コース
        • 宇宙・物質科学専攻[35]
        • 分子機能・生命科学専攻[36]

大学院[編集]

  • 教育学研究科(定員100名)
    • 修士課程[37]
      • 発達教育科学専攻
        領域:教育学、教育心理学、幼児教育、生活科教育、日本語教育、情報教育
      • 特別支援教育科学専攻
        領域:特別支援教育科学
      • 養護教育専攻
        領域:養護教育学
      • 学校教育臨床専攻[38]
        領域:学校教育臨床
      • 国語教育専攻
        領域:国語科教育学、国語科内容学
      • 英語教育専攻
        領域:英語科教育学、英語科内容学
      • 社会科教育専攻
        領域:社会科教育学、社会科内容学
      • 数学教育専攻
        領域:数学科教育学、数学科内容学
      • 理科教育専攻
        領域:理科教育学、理科内容学
      • 芸術教育専攻
        • 音楽分野
          領域:音楽科教育学、音楽科内容学
        • 美術分野
          領域:美術科教育学、美術科内容学
      • 保健体育専攻
        領域:保健体育科教育学、保健体育科内容学
      • 家政教育専攻
        領域:家庭科教育学、家庭科内容学
      • 技術教育専攻
        領域:技術科教育学、技術科内容学
    • 後期3年博士課程
      • 共同教科開発学専攻(静岡大学との共同大学院)
        分野[39]:教育環境学、人文社会系教科学、自然系教科学、創造系教科学

特別専攻科[編集]

  • 特別支援教育特別専攻科(修業年限1年)

教育研究組織[編集]

  • 教育科学系
    生活科教育講座、障害児教育講座、幼児教育講座、養護教育講座、学校教育講座、教育臨床学講座、教職実践講座
  • 人文社会科学系
    国語教育講座、日本語教育講座、社会科教育講座、地域社会システム講座、外国語教育講座
  • 自然科学系
    数学教育講座、情報教育講座、理科教育講座
  • 創造科学系
    音楽教育講座、美術教育講座、保健体育講座、技術教育講座、家政教育講座、保健環境センター

附属機関[編集]

附属図書館
  • 附属図書館
  • センター
    • 教職キャリアセンター
    • 教育臨床総合センター
    • 国際交流センター
    • 地域連携センター
    • 科学・ものづくり教育推進センター
    • 健康支援センター
    • ICT教育基盤センター
    • キャリア支援センター
    • 教員養成開発連携センター

学生生活[編集]

大学祭[編集]

大学祭実行委員会により、例年5月の平日3日間と土日2日間、合計5日間にかけて開催されている。スポ祭、ミニゲーム、ステージ発表、夜祭、目玉企画などの企画がある。

子どもまつり[編集]

子どもまつり実行委員会により、例年5月と12月の土日2日間にかけてそれぞれ開催されている。主に教員を目指す本大学生と周辺地域の小学生を対象に、学生と子どもがふれあう機会を提供することを目的としている。

秋の祭典[編集]

秋の祭典実行委員会により、例年11月の土日2日間にかけて開催されている。通称、「秋祭」。スポ祭、ミニゲーム、ステージ発表などの企画がある。

大学関係者と組織[編集]

2003年度卒業式(講堂前)

大学関係者組織[編集]

かつては、愛知第一師範学校の同窓会である「芳陵会」と、愛知第二師範学校の同窓会である「竜城会」があった。愛知学芸大学の発足に当たって、名古屋が分校になったことに芳陵会は反発。竜城会との対立を生み、刈谷市への統合後に卒業した出身教諭が大勢を占めるまで、愛知県の小中教育界はこの2つの学閥で二分される時代が続いた。[要出典]

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

大学施設は愛知県刈谷市のキャンパスに集約されている。

近くに鉄道駅はない。最寄りバス停は名鉄バスの「愛知教育大前」バス停であり、刈谷駅知立駅富士松駅日進駅から運行されている。他の交通アクセスが不便であるため、名古屋市内在住者でも単身生活する学生も多い。[要出典]自動車通学も可能であるが、1年生は原則不可。豊明駅や富士松駅から自転車やバイクで通学する学生も少数いる。愛知県内の高校からの進学率がかなり高く入学者の7割以上を占める。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『愛知教育大学史』 愛知教育大学、1975年3月20日、854頁。
  2. ^ a b 東海新聞』1966年7月17日
  3. ^ a b 『新編 岡崎市史 総集編 20』 新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、119-120頁。
  4. ^ 2016年入学生用の大学案内[1]によると、主な学修領域として、幼児教育学、幼児心理学、保育内容学、保育士養成関連科目がある。
  5. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、教育学履修モデル、進路指導履修モデル、心理学履修モデルがあり、1年次後期以降、いずれか一つの履修モデルを中心に学んでいく。
  6. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、「ICTを活用した授業の実践」、「情報活用能力や情報モラルを育成するための授業の実践」、「学校全体の情報化への対応」がある。
  7. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、国語学、国文学、漢文学、国語科教育学、書写書道がある。
  8. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、哲学履修モデル(哲学、倫理学、生活科教育学、社会科教育学)、史学履修モデル(日本史、東洋史、西洋史、民俗学、社会科教育学)、地理学履修モデル(地理学、地誌学、社会科教育学)、法経社履修モデル(法学、政治学、経済学、社会学、社会科教育学)がある。2年次からいずれかのモデルを選んで学修していく。
  9. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、代数学、幾何学、解析学、確率論・統計学、コンピュータ、数学科教育学がある。
  10. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、物理学履修モデル、化学履修モデル、生物学履修モデル、地学履修モデル、理科教育学履修モデルがある。
  11. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、器楽(ピアノ、管打楽器)、声楽、作曲、音楽科教育学がある。
  12. ^ 2015年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、絵画、彫刻、デザイン、工芸、美術史、美術科教育学がある。
  13. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、体育学、学校保健、体育実技、運動学、保健体育科教育学がある。
  14. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、食物学、被服学、住居学、家庭経営学、保育学、家庭科教育学がある。
  15. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、英米文学、英語学、英語科教育学がある。
  16. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、教育学履修モデル、進路指導履修モデル、心理学履修モデルがあり、1年次以降、いずれか一つの履修モデルを中心に学んでいく。
  17. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、「情報科学の基礎から応用」、「普通教科情報および専門教科情報を指導するための教科教育法」、「教育におけるICTの活用」がある。
  18. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、国語学、国文学、漢文学、国語科教育学、書写書道がある。
  19. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、哲学履修モデル(哲学、倫理学、生活科教育学、社会科教育学)、史学履修モデル(日本史、東洋史、西洋史、民俗学、社会科教育学)、地理学履修モデル(地理学、地誌学、社会科教育学)、法経社履修モデル(法学、政治学、経済学、社会学、社会科教育学)がある。2年次からいずれかのモデルを選んで学修していく。
  20. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、代数学、幾何学、解析学、確率論・統計学、コンピュータ、数学科教育学がある。
  21. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、物理学履修モデル、化学履修モデル、生物学履修モデル、地学履修モデル、理科教育学履修モデルがある。
  22. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、器楽(ピアノ、管打楽器)、声楽、作曲、音楽科教育学がある。
  23. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、絵画、彫刻、デザイン、工芸、美術史、美術科教育学がある。
  24. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、体育学、学校保健、体育実技、運動学、保健体育科教育学がある。
  25. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、木材加工、金属加工、機械、電気、栽培、情報、技術科教育学がある。
  26. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、食物学、被服学、住居学、家庭経営学、保育学、家庭科教育学がある。
  27. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、英米文学、英語学、英語科教育学がある。
  28. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、知的障害教育領域、肢体不自由教育領域、聴覚障害教育領域、視覚障害教育領域があり、3年次にうち一つを選択する。また、4領域の基盤となる、小学校の教育に関するカリキュラムも用意されている。
  29. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、学校保健に関する科目、養護の実践に関する科目、健康相談活動に関する科目、看護・救急処置に関する科目、医科学に関する科目がある。
  30. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、欧米文化履修モデル、アジア文化履修モデル、国際社会履修モデルがある。
  31. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、日本語学、言語学、日本文化・異文化理解、日本語教育学がある。
  32. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、社会福祉学、臨床心理学がある。
  33. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、ガラス、金工、プロダクトデザイン、西洋美術史、日本美術史がある。
  34. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、情報システム、情報通信ネットワーク、プログラミング、情報メディア、教育工学、認知科学がある。
  35. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、物性物理、素粒子物理、天文学がある。
  36. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、主な学修領域として、植物分子生理学、遺伝学、細胞生物学、有機化学、生物有機化学、生物物理化学がある。
  37. ^ 分野、領域は、国立大学法人愛知教育大学学則による。
  38. ^ 臨床心理学コースを設けている。
  39. ^ 2015年度版の教育学研究科の案内[2]
  40. ^ 国立大学法人愛知教育大学学則
  41. ^ 2015年度版の教育実践研究科の案内[3]によると、授業づくり履修モデル、学級づくり履修モデル、学校づくり履修モデルがある。

Wiki関係他プロジェクトリンク[編集]

公式サイト[編集]