札幌国際大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
札幌国際大学
Sapporo International University.jpg
札幌国際大学
大学設置 1993年
創立 1969年
学校種別 私立
設置者 学校法人札幌国際大学
本部所在地 北海道札幌市清田区清田4条1丁目4-1
学部 観光学部
人文学部
スポーツ人間学部
短期大学部
研究科 地域社会研究科
観光学研究科
心理学研究科
ウェブサイト http://www.siu.ac.jp/
テンプレートを表示

札幌国際大学(さっぽろこくさいだいがく、英語: Sapporo International University)は、北海道札幌市清田区清田4条1丁目4-1に本部を置く日本私立大学である。1993年に設置された。 短期大学部は共学ではなく女子のみの短期大学である。

沿革[編集]

  • 1922年大正11年)4月 - 札幌区立女子職業学校の同窓会が札幌静修会女学校を設置
  • 1951年昭和26年) - 学校法人札幌静修学園設立
  • 1969年(昭和44年)4月 - 札幌静修短期大学開学(家政学科、幼児教育学科)
  • 1971年(昭和46年) - 幼児教育学科を児童教育学科に改組
  • 1974年(昭和49年) - 教養学科開設
  • 1975年(昭和50年) - 家政学科を生活科学科に改組。
  • 1976年(昭和51年)4月 - 法人名を学校法人札幌静修学園から学校法人静修学園に、名称を札幌静修短期大学から静修短期大学に変更。札幌静修高等学校と法人分離
  • 1980年(昭和55年) - 静修短期大学北海道生活研究所を設置
  • 1983年(昭和58年) - 秘書科開設
  • 1986年(昭和61年) - 総合情報館LIM竣工
  • 1989年平成元年) - 英語学科開設
  • 1990年(平成2年) - 秘書科を秘書学科に改称
  • 1991年(平成3年) - 児童教育学科を幼児教育学科に名称変更。能力開発講座キャリエ開設
  • 1992年(平成4年) - 北海道生活研究所を北海道環境文化研究センターに名称変更
  • 1993年(平成5年)4月 - 静修女子大学として開学(人文・社会学部国際文化学科、社会学科)。教育懇話会が発足する
  • 1997年(平成9年)4月 - 法人名を学校法人静修学園から学校法人札幌国際大学に、名称を静修女子大学を札幌国際大学に変更。静修短期大学を札幌国際大学短期大学部に改組する。札幌国際大学大学院開設(地域社会研究科地域社会専攻修士課程)
  • 1999年(平成11年)4月 - 観光学部観光学科開設。大学全学部で男女共学制に移行。短期大学部に専攻科幼児教育専攻を開設。情報教育センターと記念館(創風)を竣工
  • 2000年(平成12年) - 短期大学部生活科学科を総合生活学科に名称変更。短期大学部秘書学科を廃止。北海道環境文化研究センターを札幌国際大学地域総合研究センターに名称変更
  • 2001年(平成13年)4月 - 大学人文・社会学部に心理学科(臨床心理学専攻、社会心理学専攻)を、大学院に観光学研究科観光学専攻修士課程を開設。それに伴い、人文・社会学部社会学科のジャーナリズムコース・コミュニティデザインコース・社会心理コースの3コースをジャーナリズムコース・コミュニティデザインコース・ビジネス創造コースの3コースに改める
  • 2002年(平成14年)4月 - 短期大学部英語学科を英語コミュニケーション学科に名称変更。人文・社会学部にメディアコミュニケーション学科(マスメディアコース・メディアデザインコース・メディアアートコースの3コース)開設。 総合情報館LIMを総合情報館に名称変更
  • 2003年(平成15年)4月 - 人文・社会学部を改組し、人文学部(国際文化学科)と社会学部(社会学科)を設置。札幌国際大学地域総合研究センターを札幌国際大学北海道地域・観光研究センターに改組。短期大学部の教養学科を廃止
  • 2004年(平成16年)4月 - 社会学部の社会学科をビジネス社会学科(ビジネス創造コース・都市文化コース・地域総合政策コース・ライフデザインコースの4コース)に名称変更。短期大学部の幼児教育学科を幼児教育保育学科に名称変更
  • 2005年(平成17年)4月 - 大学院心理学研究科に臨床心理実務専攻修士課程開設
  • 2006年(平成18年)4月 - 人文学部の国際文化学科を現代文化学科に、社会学部を現代社会学部に、ビジネス社会学科をビジネス実務学科(ビジネス創造コース・スポーツビジネスコース・健康ビジネスコースの3コース)に、メディアコミュニケーション学科をマスコミュニケーション学科(マスコミュニケーションコース・報道ジャーナリズムコース・スポーツジャーナリズムコース)に名称変更。大学院心理学研究科が日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定校に認可。第一体育館竣工
  • 2008年(平成20年)4月 - 人文学部心理学科社会心理学専攻を改組し、子ども心理専攻を設置
  • 2009年(平成21年) - 観光学部観光学科を改組し、観光ビジネス学科、観光経済学科を設置。スポーツ人間学部を開設し、スポーツビジネス学科・スポーツ指導学科を設置する。クラブ棟竣工
  • 2011年(平成23年)4月 - 大学院心理学研究科の臨床心理実務専攻を臨床心理専攻に名称変更。第二体育館竣工
  • 2013年(平成25年) - 観光学部観光経済学科を国際観光学科に、短期大学部総合生活学科を総合生活キャリア学科に名称変更
  • 2016年(平成28年) - 大学院にスポーツ健康指導研究科 スポーツ健康指導専攻を開設

学部学科[編集]

大学院[編集]

臨床心理専攻は平成18年4月から、第1種大学院となり実務経験なしに臨床心理士の受験資格が与えられる大学院となった。また、心理相談研究所と称する下部組織があり、ここでは有料で教員や大学院生によるカウンセリングを実施している。

他大学との協定[編集]

学術交流等協定校(国内)

(札幌国際大学・札幌大学札幌学院大学東海大学札幌キャンパス北星学園大学藤女子大学北翔大学酪農学園大学札幌国際大学短期大学部北星学園大学短期大学部北翔大学短期大学部

国際・学術交流等協定校(国外)

短期大学部[編集]

学科

  • 総合生活キャリア学科
  • 幼児教育保育学科
平成17年まで10年間就職率は、100%である。特に、保育士、幼稚園教諭など教育職が90%以上を占めている。

専攻科

  • 専攻科
  • 幼児教育専攻
詳細は札幌国際大学短期大学部を参照。

付属機関 [編集]

  • 北海道地域・観光研究センター:代表調査:日韓サッカーワールドカップの意向調査(日韓新聞社ジョイント:札幌×大邱)
  • 心理相談研究所
  • キャリアセンター

著名な大学関係者[編集]

教職員
出身者

備考[編集]

  • 観光学部観光学科は立教大学観光学部についで国内2番目に設置された。
  • 短期大学の幼児教育学科は付属の幼稚園もある。
  • 学内に「コカ・コーラ札幌国際大学」というサークルがありYOSAKOIソーラン祭りでは上位入賞の常連である。
  • 学生奇抜な髪型の禁止や、教員学生共に大学構内での一切の喫煙の禁止といった厳格な校則が設けられている。
  • 記念館「創風」内にある茶室は、一般の学生には開放されていない。
  • 学校自体の閉館時間が午後9時半に設定されている。
  • 2019年度から受け入れる留学生の数を大幅に増やしたが、日本語能力の不十分な留学生も多く、このことを巡る問題から大月隆寛の懲戒解雇問題に発展している。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  2. ^ 「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地方大学の窮状を語る”. Newsweek日本版. 2020年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]