名古屋大学大学院教育発達科学研究科・教育学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
名古屋大学 > 名古屋大学大学院教育発達科学研究科・教育学部

名古屋大学大学院教育発達科学研究科(なごやだいがくだいがくいんきょういくはったつかがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Education and Human Development)は、名古屋大学大学院に設置される研究科の一つである。また、名古屋大学教育学部(なごやだいがくきょういくがくぶ、英称:School of Education)は、大学院教育発達科学研究科と一体的に運営される学部である。

概要[編集]

名古屋大学大学院教育発達科学研究科・教育学部は、第二次世界大戦末期に4校目の高等師範学校として愛知県岡崎市に設立された岡崎高等師範学校を前身とし、日本の降伏後、1949年の新制名古屋大学発足時に教育学部として設立された[1]。附属学校として名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校を設置している[2]

沿革[編集]

学科[編集]

  • 人間発達科学科
    • 入学定員65人[3]

著名な出身者[編集]

政治・行政[編集]

教育[編集]

研究[編集]

文学[編集]

アナウンサー[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 「沿革」名古屋大学大学院教育発達科学研究科・教育学部
  2. ^ 「組織」名古屋大学大学院教育発達科学研究科・教育学部
  3. ^ [1]名古屋大学

外部リンク[編集]