名古屋大学医学部附属病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋大学 > 名古屋大学医学部附属病院
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 名古屋大学医学部附属病院
鶴舞公園から望む名古屋大学医学部附属病院
情報
英語名称 Nagoya University Hospital
前身 名古屋帝国大学医学部附属病院
許可病床数 1035床
精神病床:50床
一般病床:985床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 国立大学法人名古屋大学
管理者 石黒直樹(病院長)
開設年月日 1949年
所在地
466-8550
愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65番地
位置 北緯35度9分28秒
東経136度55分18秒
二次医療圏 名古屋
PJ 医療機関
テンプレートを表示

名古屋大学医学部附属病院(なごやだいがくいがくぶふぞくびょういん)は、愛知県名古屋市昭和区鶴舞町にある国立名古屋大学医学部の附属大学病院。名古屋大学医学部のある鶴舞キャンパス内の南側に位置している。通称・名大(めいだい)病院。

沿革[編集]

  • 1871年5月 名古屋藩評定所跡に仮病院設置[1]
  • 1875年1月 愛知県病院と改称
  • 1876年4月 公立病院と改称
  • 1881年10月 愛知病院と改称
  • 1922年7月 愛知病院を愛知医科大学病院と改称
  • 1924年6月 愛知医科大学附属医院と改称
  • 1931年5月 名古屋医科大学附属医院設置
  • 1939年4月 名古屋帝国大学医学部附属病院と改称
  • 1945年 空襲により焼失
  • 1947年10月 名古屋大学医学部附属医院と改称
  • 1949年5月 名古屋大学医学部附属病院と改称

診療科[編集]

登録有形文化財[編集]

名古屋大学医学部附属病院門及び外塀が、登録有形文化財となっている[2]

交通アクセス[編集]

鶴舞公園の北側に位置し、東隣に名古屋工業大学がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]