名古屋大学大学院生命農学研究科・農学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名古屋大学大学院生命農学研究科・農学部(なごやだいがくだいがくいんせいめいのうがくけんきゅうか・のうがくぶ)は、名古屋市千種区にある、国立大学法人名古屋大学が設置する農学部と農学系大学院である。

概要[編集]

生物機構・機能科学専攻、応用分子生命科学専攻、生物圏資源学専攻という3つの専門領域と、これらの領域を横断包含する生命技術科学専攻を設置。生命技術科学専攻に生物機能開発利用研究センターと農学国際教育協力研究センターにも教員が所属し、講座を構成している。

日本に現在ある国立の農林学の大学教育機関は通常帝国大学農科大学、帝国大学農科大学実科あるいは農学部、官立や公立の高等農林学校・農林専門学校といった旧制高等教育機関を母体としているが、母体をもたずに一から誕生させた3校のうちのひとつである(あとの2校は高知と琉球の各大学農学部)。

学科[編集]

著名な出身者[編集]

政治・行政[編集]

経済[編集]

研究[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]