加藤鐵夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 鐵夫(かとう てつお 1948年 - )は、農林水産省技官で、元林野庁長官。

人物[編集]

1970年、名古屋大学農学部林学科卒業後、農林省農林水産省)入省。林野庁指導部造林保全課課長、計画課長、国有林部長等を経て、2001年、林野庁長官就任。

特に、政策目標を「林業の生産増大」から「森林の多面的機能の持続的発揮」に転換した新しい「森林・林業基本法」の制定(2003年)に努力した。

2008年10月より、「持続可能な森林経営研究会」を主宰。2009年末には、「持続可能な森林経営のための30の提言」を公表。

略歴[編集]