農林漁業信用基金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
独立行政法人農林漁業信用基金
正式名称 独立行政法人農林漁業信用基金
英語名称 Agriculture, Forestry and Fisheries Credit Foundations
略称 AFFCA, 信用基金
組織形態 独立行政法人
所在地 日本の旗 日本
〒101-8506
東京都千代田区内神田一丁目1番12号
コープビル
法人番号 5010005006887
資本金 1,840億7,941万6,261円(2016事業年度末)
負債 697億6,741万3,916円(2016事業年度末)
人数 理事長1名、副理事長1名、理事5名、監事2名・常勤職員103名(2017年3月31日現在)
理事長 堤芳夫
目的 農林漁業の健全な発展に資すること
設立年月日 2003年10月1日
前身 農林漁業信用基金(認可法人)、農業共済基金(認可法人)
所管 農林水産省財務省
ウェブサイト http://www.jaffic.go.jp/
テンプレートを表示

独立行政法人農林漁業信用基金(のうりんぎょぎょうしんようききん)は、農林水産省及び財務省所管の中期目標管理法人である独立行政法人である。 2003年10月1日独立行政法人農林漁業信用基金法に基づき、認可法人である農林漁業信用基金の一切の権利及び義務を承継して発足した。都道府県にある農業信用基金協会漁業信用基金協会の行う債務保証に対する保険、林業者等・木材産業者の資金調達に係る債務保証、農業災害補償制度農業共済組合等・漁業共済組合等に対する資金の貸付けを主な業務としている。

沿革[編集]

  • 1952年(昭和27年) - 9月 農業共済基金(認可法人)設立 12月 中小漁業融資保証保険特別会計設置
  • 1963年(昭和38年) - 10月 林業信用基金(特殊法人)設立
  • 1964年(昭和39年) - 12月 漁業共済基金(特殊法人)設立
  • 1966年(昭和41年) - 8月 農業信用保険協会(認可法人)設立
  • 1974年(昭和49年) - 10月 中央漁業信用基金(認可法人)設立
  • 1977年(昭和52年) - 1月 中小漁業融資保証保険特別会計廃止、中央漁業信用基金が業務承継
  • 1982年(昭和57年) - 10月 漁業共済基金解散、中央漁業信用基金が業務承継
  • 1987年(昭和62年) - 10月 林業信用基金、農業信用保険協会及び中央漁業信用基金が解散・統合、農林漁業信用基金(認可法人)設立
  • 2000年(平成12年) - 4月 農業共済基金解散、農林漁業信用基金が業務承継
  • 2003年(平成15年) - 10月 特殊法人等整理合理化計画に基づき、農林漁業信用基金解散、独立行政法人農林漁業信用基金設立

[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]