中須勇雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中須 勇雄(なかす いさお、1944年 - )は、日本の農水官僚。水産庁長官、林野庁長官。

人物[編集]

東京都立大学法学部を卒業し、1967年農林省に入省する。課長補佐を経て、1984年課長となる。各課課長を経て、1992年審議官。畜産局長等を経て、水産庁長官から林野庁長官を歴任し、2001年退官。その後大日本水産会会長や日本食肉協議会会長を歴任。

略歴[編集]

  • 1967年(昭和42年)4月:農林省入省
  • 1976年(昭和51年)7月:畜産局食肉鶏卵課課長補佐(総括及び総務班担当)
  • 1979年:栃木県農務部農政課長
  • 1981年:経済局総務課課長補佐(総括及び総務班担当)
  • 1982年:大臣官房総務課広報室長
  • 1984年:構造改善局農政部管理課長
  • 1987年:水産庁海洋漁業部国際課長
  • 1989年:畜産局食肉鶏卵課長
  • 1991年:大臣官房文書課長
  • 1992年:大臣官房審議官(兼畜産局)[1]
  • 経済局統計情報部長
  • 食品流通局長
  • 畜産局長
  • 1998年7月:水産庁長官
  • 2001年1月:林野庁長官
  • 2001年7月:辞職
  • 日本養鶏協会会長
  • 2003年:一般社団法人大日本水産会会長(~2009年9月)
  • 公益社団法人中央畜産会副会長
  • 2014年12月:日本畜産物輸出促進協議会会長[2]
  • 公益社団法人日本食肉協議会会長[3]

同期[編集]

  • 熊澤英昭(事務次官)、堤英隆(食糧庁長官)、高木賢(食糧庁長官)ほか。

脚注[編集]

  1. ^ 「農林水産省名鑑」 農林出版社、1994年
  2. ^ 畜産物の輸出促進で協議会設立” (日本語). ニュース. 2019年10月8日閲覧。
  3. ^ 日食協が総会、中須会長を再任、新副会長に末澤氏選任” (日本語). 食肉通信社. 2019年10月8日閲覧。
先代
熊澤英昭
農林水産省畜産局長
1997年 - 1998年
次代
本田浩次
先代
嶌田道夫
水産庁長官
1998年 - 2001年
次代
渡辺好明
先代
伴次雄
林野庁長官
2001年
次代
加藤鐵夫